ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:愛媛( 32 )


美川へドライブ

夜勤終えたその足のままケイ、デンチュウ、ミヤジュウ、ユーリンを拾って美川へ。



僕は完璧に運転手
e0259060_23020290.jpg

何をしに来たのか分からないミヤジュウ。



とりあえずユーリンの目標『ノニウス 一級』を触る
e0259060_23020612.jpg

過去最悪に程近いランディングだけど、皆のスポットに助けられながらトライ

e0259060_23020997.jpg

本当に何をしに来たのか?ネタ満載のミヤジュウ。



後輩に負けてられない、友達いない二回生お笑い担当デンチュウは
e0259060_23021331.jpg

ボールはトモダチとか、今日の笑いはイマイチ。



結局ユーリンは敗退。ミヤジュウが頑張って『ノニウス』完登。笑いだけでないな、この男。



ミヤジュウの喜びの舞い
e0259060_17364093.jpg





次は『ウスンマ 一級』をしに移動
e0259060_17464756.jpg

e0259060_17364261.jpg

今日はミヤジュウのせい?で今一つ切れ味の悪いデンチュウ。お笑い担当の世代交代か?



e0259060_17364602.jpg

お漏らしたミヤジュウ。そこまで体を張った芸風には誰もついていけません。切れ味良すぎです。


結局
e0259060_17415304.jpg

ウスンマを登ったのはケイのみ
e0259060_17415606.jpg

セイウチマントルからの
e0259060_17415956.jpg

カニさん?



まぁいかに先輩達が頑張っても
e0259060_17420263.jpg

この海女さんには誰もついていけませんけど

[PR]

by field-of-spring | 2015-10-13 20:30 | 愛媛 | Comments(0)

ぶらりとスノアタ

行き先もちゃんと決めず、ユーリン、退院したレイチェルと僕で気分転換に西条の壁にでもいこか?と出発



途中で「岩場がいいんやけど」と言い出すユーリン。山の向こうの天気微妙やけん止めようと言う僕。反対押しきってとりあえず岩場行ってから、状態みて考えようと言うので西之川へ



何とか晴れてるので、とりあえず岩場視察。
e0259060_17311404.jpg

アプローチがだいぶ風変わりしてたけど、とりあえず『スノーアタック 初段』は中間部の棚が濡れてる。このコンディションでグレード更新は無理やろ?と思ったらヤル気なユーリン。



無理やろ?と思ってるので、オペ後のレイチェルには移動が厳しいので止めようという僕。でもヤル気のユーリン。



結局やはりレイチェルのアプローチがたいへんだったが、なんとか時間かけて三人で岩場到着

e0259060_17311695.jpg

あれ?このランジ。無理やったのに保持出来てるね。成長してるね
e0259060_17311863.jpg

あれ?中間部しっとり湿気ってるのになんかこなせてるね。

e0259060_17312004.jpg

いつになく集中してるね。声かけづらいんだけど…

e0259060_17490183.jpg

なんかカッコいい
e0259060_17490289.jpg

e0259060_17490401.jpg

の、登っちゃったんだけど



初段なんかまだまだ先だと思ってたのに。成長しちゃいやがって
e0259060_17312528.jpg

初の初段。グレード更新おめでとう



ここぞとばかりに
e0259060_17312734.jpg

お祝いと称して、全く登っていないけど、僕も肉にあやかる。



夜勤前には、ちと重かった。
[PR]

by field-of-spring | 2015-09-28 12:50 | 愛媛 | Comments(0)

秋のY渓谷

ボルダーなら前日に呼び掛けても人は集まります。ということでチュウゲン、リア充ことミヤジュウ、ユーリンと僕、そしてワッキー(別便)でY渓谷へ



僕は膝がまだ100%完治とは言えないので、ほんとに遠足気分での同行、というか足です。



とりあえずみんなやるものがある『焼き鳥』の岩で登る。



ここでなにかしら違和感に気付く
e0259060_18055971.jpg

開拓当時に『焼き鳥』のゆえんになっていた、あの串(丸太)が手前に…



絶対抜けない感じにはまっていたけど、絶対って無いんだよね。
e0259060_18060159.jpg

自然の力はやっぱりすごい



余談はこれくらいでみんな各々のラインを攻める


ユーリンと
e0259060_18060382.jpg

ミヤジュウは『焼き鳥』を
e0259060_18060555.jpg

チュウゲンは『初陣』
e0259060_18060667.jpg

遅れてきたワッキーは
e0259060_18060880.jpg

バッグをタオリング



そんなこんなで、なんとミヤジュウが裸体で『焼き鳥』完登
e0259060_18061082.jpg

下半身は都合により公開できません



ミヤジュウすげーって言うてたら
e0259060_18061129.jpg

ワッキーもオリジナルのスタートで完登



それを見て、諦めかけていたチュウゲンの気合いが入って
e0259060_18061350.jpg


e0259060_18061552.jpg

お初の二段おめでとう!



僕は武蔵が登った水際のライン『真理の扉』の中間部に、思い切り手を出すのに危険信号が出た(というか怖い)ので、マットに飛び降りるのも膝に不安があり



より安全な川に飛び込んだ




あー寒い




ユーリンもこの極寒のなか泳いでいたけど






ユーリンは翌日熱発39.2℃までふぃーばー。アレなレイチェルは入院中なので僕が強制年休消化。
[PR]

by field-of-spring | 2015-09-25 17:56 | 愛媛 | Comments(0)

こどもの日

5月5日といえば、オッサンだけど僕の日です。サーティファイブです。お祝いのメッセージをいただいた皆さま方、本当にありがとうございます!愛大の1回生達、頼むから学生扱いしないでください。



そしてGW唯一の休みだったので、希望者募って7人でイワバーベキュー。



気温の低い朝イチ狙って『審美眼 三段』の岩でみんな遊ぶ
e0259060_23261538.jpg



朝早く頑張ったにも関わらず、何故かしっとりでした。



ウミンチュが二級のライン登って、ユーリンが同じく二級を再登したくらい。
e0259060_23263396.jpg



日が上がって暑いので、みんなの希望でシロイルカしに移動


e0259060_23264092.jpg


横のスラブ…やっぱり悪いよねー。スイッチ入れんと再登できなんだ。改めてバッチがすごいって言うててなんかムカついた。


そのあとはまったり
e0259060_23264755.jpg


e0259060_23265114.jpg


春の野と戯れたあとは



みんながシロイルカやらスラブやら頑張っている間に





皆さまの接待の準備をレイチェルとする

e0259060_23265904.jpg


e0259060_23270753.jpg


ここまで運ぶのは結構大変だったけど、綺麗な川を眺めながらお腹イッパイでシアワセです。




ユーリンは時代を先取り

e0259060_09021588.jpg

e0259060_23271475.jpg


入水。パンツまでびしょ濡れ



寒そうだったけど、こどもだから平気だと誰かが言ってたので





今日は僕の日だと言わんばかりで自然体で飛び込んどいた

e0259060_23272663.jpg

後悔するほどの極寒でした





皆がある程度シロイルカ楽しんだあと


e0259060_23273803.jpg



ワガママ言って一番いい時間帯に審美眼を再チャレンジしに移動



トライを重ねて、やはり夕方が一番状態が良いと思うくらい


e0259060_09021986.jpg


涼しい





が、暗くなるのも早いんで、ワッキーは『審美 2/3段』で、僕は『審美眼 三段』を波状攻撃
e0259060_09022214.jpg




疲労が蓄積されてきている中、暗くなるのを焦りつつトライし

e0259060_09022666.jpg



やっと下から繋げることができた。



日を年を重ねるに連れて、節々が痛くなりつつあるなか



時間はかなり要したが、苦手系なこの課題を登れたことは、今後の自信に繋がるクライミングが出来たと思う。




嬉さと、もうこの課題と向き合えない虚無感を漂わせながら



濡れたパンツを脱ぎすて、破れたズボンでノニウスをトライする男に


e0259060_09022943.jpg

我が遺伝子が刻まれていると感じた


[PR]

by field-of-spring | 2015-05-07 09:34 | 愛媛 | Comments(6)

ヒサビサのエリア


世間はGWだけど、連休中は勤務希望もなかったからたったの1日しか休みないという…



どっか行きたいけど、深夜からの深夜で翌日も仕事。しんどいけど登りたいので美川方面へ



みんながモガさんにエリア案内してたみたいなんで、まずはそっちに移動

e0259060_21144545.jpg

アオイですね。もうすぐ夏ですね。

e0259060_21145100.jpg


流石のフラッシュマンは由来通り、オブザベ慎重だった。海外岩場の話聞いてたら、またどっか行きたくなった。でもロックランズは遠いなー




とりあえず僕はのんびり観賞
e0259060_21145799.jpg



e0259060_21150450.jpg



e0259060_21151000.jpg


e0259060_21151479.jpg



死ぬほど眠いんで心地よい風に吹かれてマットの上でお昼寝



んで、夕方になってメンバー別れて僕とワッキーの時間
e0259060_21152811.jpg


ここしばらく日の照りつける中トライしてたけど、5時過ぎの日暮れ後はグッドなフリクション

核心部止めて、ノニウスの一手目止めて
e0259060_21153587.jpg

そして謎のフォールかました。あい、すいません。そして暗くなって終了



悔しいので、夜にアッセントレイ行ったら
e0259060_21153925.jpg


天津飯が片手で気功砲してた
[PR]

by field-of-spring | 2015-05-06 22:11 | 愛媛 | Comments(0)

スタートラインは三段

という名言をハヤティからいただいたので美川へ


e0259060_22294369.jpg


e0259060_22294489.jpg


e0259060_22294409.jpg


てっちゃんの丸パクリ芸

e0259060_22294446.jpg



ハヤティは面白いヤツだ。





だけどリップ保持がゴールと勘違いしてるのかもしれない

e0259060_22294440.jpg


マントル返さなくても満足感あふれるクリーニング。






あっ、僕は散々だった『審美眼』の核心部の練習が最終的に7割くらいで止めれる感じになった。





下からだと審美のスタートで既にチョーク切れてるんだけどね。




狙いは夕方だなー。
[PR]

by field-of-spring | 2015-04-28 22:31 | 愛媛 | Comments(2)

空回り

時差ボケは睡眠については全く問題なく過ごせているんだけど、大きい方の排泄のタイミングが向こうの朝のままになって10日間は過ぎてしまった。腸内環境フランスなう





さて昨夜、夜中に仕事から帰り、まさに草木も眠る丑三つ時



寝相悪く爆睡しているユーリンの布団を直していたら



急に白目むいてプルプル震えながら半分起き上がろうとしていて




なんかがユーリンに憑依したんかと思ってビビっていたら



寝ながらの死神が発動(いわゆる寝屁)したとたん、白目が直り、再び眠りにつくという怪奇現象があった。





朝イチでユーリンに確認したら、全く覚えがないという。




おかげでこっちは怖くて3時間ほどしか眠れず。








さてそろそろ家から1時間程で着いちゃう三段なんだから落とさなきゃいけないな!の『審美眼』をしに、てっちゃんと別便のワッキーとで美川へ




岩からまるっきり離れていたてっちゃんは『ノニウス 一級』ですらチキっていて危うい感じになっていたけど




スロースターターなんで少しずつエンジンかかって、なんとか二年ぶりの再登。やっと『審美』に向き合えるね

e0259060_16533531.jpg

かつての自分を取り戻した姿



そして、ウサギについてものすごく熱く語ってから、一人でツボっていたあと




『審美』のムーブを少しずつばらしていた。



e0259060_16533538.jpg

かつてのジョイトイを超えた男



遅れて到着したワッキーは『審美』をあとは繋げるだけなのだが





ウサギについて熱く語りすぎた鉄の男のせいで、気温上がりすぎのヌメりすぎて苦戦


e0259060_16533673.jpg

登るメガネとスポッてるメガネ







二人ともメガネのCMの声がかかりそうなくらいメガネを光らせていたけど完登までは至らず。




あっ、僕は核心部まで行くと指先の肌色が丸見えになってどーにもこーにも



核心部だけやってみても、ムーブを思い出すだけになって終了。落とす気満々だったのに空回り




夕方の気温が下がるまで待ちたかったのだが、16時から会議あるので早めに撤収。ワッキー居残り





岩帰りで泥々の汗まみれで職場着



疲労で眠気マックスだったけど、気持ち切り替えてスイッチいれて、資料をしっかり目を通して








いざ会議室に入る







すると


「会議のメンバーじゃないよ、今日来なくてもいいよ」の一言





空回りばっかりの日だったけど






職場に行ったら行ったで、これまた予期せぬ良い空回りもあり





登れなかったけど、なんとなく数奇でハッピーな1日だった






















[PR]

by field-of-spring | 2015-04-16 17:16 | 愛媛 | Comments(0)

久々美川

ノニウスやりたいっていうデンチュウ、けい、ユーリンと

次の遠征でルーフカンテ課題をやりたいので、そのトレーニングを兼ねて美川へ

久しぶりの武蔵とチュウゲン、現地で宇和島のジュウと集合。


連休もらう為に夜勤続くので身体はネムネムだけど


とりあえずユーリンは審美眼に向かって左側の二級のトラバース課題


e0259060_944564.jpg

プチ嵌まり

e0259060_9461971.jpg

デモる僕と講師チュウゲン


最近二級キラーのユーリン
e0259060_9533169.jpg

しっかり持ち帰り



武蔵の儀式も
e0259060_9551752.jpg

久しぶりに拝んで

e0259060_9561713.jpg

寝坊してお昼頃に犬の散歩に来た人に会ったり



e0259060_9575043.jpg

e0259060_958890.jpg

『ノニウス 一級』しか見えていない二人の応援とスポットしたり


とりあえずノニウスの核心の一手が練習したいからノニウスを10回登ろうとトレーニング登りしようとしたけど


さすがに7回くらいで飽きてきて


そーいえば『審美眼 三段』はまだ登ってないし、自分のブログ調べたら『審美』登ったの二年半ぶりだし


バラそうかと思ってトライしたらやっぱり核心悪かったけど、すぐ感覚戻ってきたので本気トライ


核心部までは割りとすんなりいけるようになったし、核心部だけやったら普通に止まるし


本気トライ三回目くらいで


足を軽く捻ったし踝が抉れたので、深追いせずにこれくらいにしとく


ユーリンも明らかパワー系なんでノニウスは苦手だろうと思ってたら



e0259060_10840100.jpg


思った通り苦手だった。結局は一手目止まるようになったからなんとか前進


e0259060_1094631.jpg


デンチュウがいけそうでいけないトライを繰り返し



宿題。


e0259060_10172247.jpg

「ノニウスしか見えていないのに…」というデンチュウの表情を画像に収めるカメラマンユーリン

Kは
e0259060_10105286.jpg

泥臭いマントルで、ワンデイ一級完登、グレード更新!やるね!



とりあえず審美眼は下地下がって前より威圧感出ていい感じ。この状態で登りたいし、ちょっとモチベーション上がってきた



けど、しっかり杉花粉を受粉して目が真っ赤になってて


職場の申し送りで軽くイジられた


「明日の夜勤は花粉予防にアイマスクします」のボケには軽くスルーされたけど


イジられる内が花だな。
[PR]

by field-of-spring | 2015-03-23 10:20 | 愛媛 | Comments(0)

ウワコンアフター

宇和島コンペ後、なんとか寝坊しないように職場に到着。



岩場に行けないことは残念で仕方なかったが、気持ちを切り替え仕事に集中


持ち前の処理能力で午前中に大抵の仕事を終わらせたので運良く半日お休みもらえ



みんなが集結している所へとユーリンと急行


着けばテンションあがる岩達

e0259060_1433468.jpg

急斜面にあるために、アプローチは結構疲れるかもしれない。


そして、苔や蔦が伸び伸びと成長してるので、開拓は大変だろうが



しかし、ポテンシャルは計りきれんかった



とりあえずみんな、ボチボチアフターのアフターになってたが


大学生らが出来ないと嘆いてるスラブにムーブを瞬時に見出だしてやってみる

e0259060_14401910.jpg

ユーリンがやってる右側のライン。初登いただきました



一手モノの課題だが、ムーブは花崗岩チックでバランシーで良かった。リーチあれば楽だろうが、僕はパツパツでキツかった。




画像ないと分かりにくい、ムーブからして課題名は『組体操』グレードはリーチに左右されそうだけど、一級か二級くらいかな?再登者なかったしよく分からん。



もう時間もないので帰り道にあるボルダーを触る

e0259060_14533792.jpg

マサト初登の『鹿 四級』とかは、岩場でしかなかなか体験できない感じで良い課題だ



その鹿の裏手で面白そうなラインを見出だして


ねぼすけと一緒にやる


e0259060_14575488.jpg

カチでスタートして、遠めのガバポケットをとって、あとはカチからカチへと面白そうなライン



明らかに初段くらいありそうな感じ



上部のカチをとり、リップまであと一手のところで
e0259060_1503955.jpg

e0259060_151582.jpg

とりあえず完登の可能性が半減



まだなんとかできるはずとねぼすけと一緒に続ける



ねぼすけは一手目のポケット取りが全く出来てなかったんだけど



ようやく一手目取りの体制をとれたところで



唯一のスタンスらしいスタンスホールドをゴッソリ破壊



僕がザキを唱えて、ねぼすけがザラキーマでトドメさしたようなもんだった



まぁゴミみたいなスタンスで踏ん張れるツオイ人なら


このラインにザオリクで生き返せるだろうけど



もう時間もなく暗くなりつつあるなか

e0259060_1574677.jpg

e0259060_1585744.jpg

リップ腐葉土まみれの課題登って終了
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-21 18:10 | 愛媛 | Comments(2)

トンネル抜けるとソコは…

雨でした。愛媛晴天、高知雨



でも岩はなんとか出来るかもと奥吉野ついて、アプローチの雑草を草刈りして
e0259060_16275580.jpg


分かりにくいけど濡れていてテカテカでリップガバは水溜まり




モチベ急下降



仕方なく愛媛に引き返したらやっぱり晴天


ワッキーが『虎口竜穴 二段』やりたいって言うんでウォーターショウエリアへ
e0259060_163068.jpg

「イメージよりデカイ」と言い、傾斜と悪いホールドに苦しんでた



チュウゲンも
e0259060_16332389.jpg

頑張ってたけど、流石に厳しく一手保持まで


僕はやるもんないんで


一応、虎口竜穴の左抜けバージョンもやってみた
e0259060_16363683.jpg

こっちも最初は結構厳しいかなと思って何度か落ちたけど



一ヵ所脆そうだったホールドを保持ったら楽勝だった




グレード的には右抜けと比べたらちょっと甘めに感じるだろう



んで、やるなら最初に初登したときの右抜けの方が絶対おすすめだね。


ワッキーは
e0259060_16445981.jpg

何度か打ち込んだ結果、ポケット取りの手前までいってた



「ポケット取りが怖い」って言うてたけど、まさにそれよね。



次やるときは是非、皮を根こそぎ取られちゃって下さいませ






敗退したワッキーとチュウゲンは、このエリアのメインである、浅くなってるウォーターショウをやるとかやらんとか




特に精神面を鍛える必要があるチュウゲンにやってもらいたかったが



チュウゲンは「絶対にやらんです」と


翌日からバッチ先輩からありがたいお言葉をいただいていたにも関わらず


かたくなに拒否しつづけた



ここまで来たらチキンを通り越して頑固者





そのなかで、何かをもって帰りたかったのであろう、ワッキーがトライすることに
e0259060_16505950.jpg

見ての通り、すごく浅くなってます


e0259060_16574781.jpg

ホールド探ったり

e0259060_16575230.jpg

笑ったり


泣き言いったり


叫んだり


e0259060_16584345.jpg

バッチの境地に近づいたり…



意を決して
e0259060_1712265.jpg

進む




e0259060_1742223.jpg

戻ってレスト&チョークアップ




これを繰り返し




今日は浅いせいか、あまり落ちてもらいたくもなく、必死でみんなも応援し










e0259060_1761561.jpg


e0259060_1763946.jpg


無事生還






所要時間は











驚異の37分越え





ワッキーよくがんばった





「この課題では、喜怒哀楽のすべてを感じました」とワッキーは語った





確かに褒め称えたいが







この課題を語るには

e0259060_17142520.jpg

バッチのように

見事な水しぶきをあげてこそだろう
[PR]

by field-of-spring | 2014-10-10 17:55 | 愛媛 | Comments(2)