ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


自然のちから

審美眼の下地が復活した情報があったんで行ってみたところ

e0259060_14162952.jpg




台風の後でこうなったらしい。


http://springlog.exblog.jp/17824475

↑こんな感じやったのにな。



あらためて自然のちからを感じた。



e0259060_14263811.jpg


ノニウスは割りと早めに片付けていたハヤティ

e0259060_14272386.jpg


プロジェクト帰りのバッタくん


e0259060_14281673.jpg


一番惜しいトライしていた武蔵と羽ばたく鳥人間




自分は前にやった時の方がしっくり来てたなー。






近々リベンジや!
[PR]

by field-of-spring | 2012-10-21 14:14 | 愛媛 | Comments(0)

恵那 二日目

夜中、テン泊中に雨が降っていたことに気付いたが、翌朝は綺麗に晴れていた。



e0259060_20231147.jpg



標高1000メートルはあるんで、アプローチで息切れしてしまう。






とりあえず二日目は、愛媛出身ならやっておきたい課題。




林道上エリアの 坂の上の雲 初段。

e0259060_20234281.jpg



ハイボールでカッコイイ。




アプローチは分かりにくかったので、大岩ごけ駐車場近くから登って行く方が分かりやすかったし道も良かった。







とりあえずアップでナナメを落とす。
e0259060_2024236.jpg


クライマーはねぼすけ


とりあえず僕とねぼすけが落とす。




武蔵は坂の上の雲に焦点を当ててトライ。

僕の手数で15手を超えるハイボール。




1抜けは

e0259060_21105795.jpg


武蔵。

e0259060_21114446.jpg




気合いの入った良い登りだった。




次いで



e0259060_21121464.jpg




ねぼすけも完登。




このパターンは焦る。




二人のムーブは自分にはしっくりこないため、自分なりのムーブを試行錯誤しながら試し
e0259060_21154620.jpg




一番雑な登りを見せながら
e0259060_21162622.jpg


リップガバでガッツポーズ。






二人に先を越されるパターンはあまりないため焦った。





コイツら強くなってんなー。




まぁ100%出し切る登りを四日目になるとこんなもんか?と言い訳をしながら、電波塔エリアに移動。






みんなの希望もあり、wabisabi三級をトライ。


e0259060_212749100.jpg


三級は辛すぎやろ?



初登時よりカチが欠けたらしく更に悪くなってるらしい。





指皮的にも厳しいため、隣のオススメ課題、ニゲラ 二段に魅せられてしまい、それに打ち込む。





その間に二人はwabisabi完登したってた。





クリスの初登課題でもあり、嬉しそう。





僕はニゲラが良い感じにムーブバラけさしたが、もー指皮的にも体力的にも無理。





三つ目の次の宿題になった。




ムーブ決まるとキモチ良い課題やし、また是非やりたい。







時間も体力的にも雰囲気的にもあれなんで、エンクラモードに突入。



e0259060_2153166.jpg


クリスカンテで気持ちよくハイボールをゲット。




そして、ラインも良いし面白そうな シュクラン 一級 を〆としてトライする事に。


e0259060_68199.jpg



ねぼすけ、武蔵はお互い2撃というバカ強い感じ。




んで、僕はリーチ無さすぎて、スタティックにガバ取りにいっていた二人とは大違いな感じで、ガバまでプチランジしてみたり、無理やり手順変えたりしてみて、





時間かかりながらもゲット。




あー疲れた




と思いながらも楽しめたし、出来そうな高グレードの課題もけっこうあったし。





近々必ずリベンジに行くことにしよう。
[PR]

by field-of-spring | 2012-10-09 06:11 | 岐阜 | Comments(2)

初恵那

国体のあとは恵那でナイトすると決定。





その前に腹ごしらえしに回転寿司へ。

e0259060_12571816.jpg


男六人でこの皿の数。

ちなみに僕は5皿くらいしか食べてない。





恵那到着し、森のなかに入り込むのは避け、近場の簡単な課題でエンクラ。




e0259060_1354644.jpg


巨人テルなり



国体の疲労もあるため、二時間程度で早々に切り上げ、翌朝に備える。






予想通り、寝起きの遅い奴らはそっとしておき、帰郷していたねぼすけを迎えに下山。





いつものメンバー武蔵、ねぼすけと岩場を攻める。




まずはアップでニャンチャックやらドンチャックやらを登って、


e0259060_1410084.jpg




寝坊助が登れなかったというチェブラーシカ1級


e0259060_1462747.jpg



オンサイトトライで下部の核心は抜けたにも関わらずフォール。




最近よくあるパターン。




しかも、このトライで何故か右手の人差し指が出血。

更になかなか血が止まらん。カチると傷が開き出血。





武蔵・ねぼすけはチェブラーシカ完登。



e0259060_2442330.jpg



僕は大人しく指を大事にする。






そして、カッコイイと噂のシールド岩に移動。


e0259060_2493434.jpg




ジオランダー 2/3段に撃ち込む。






意外とテーピングしても右手のクソカチが止まり




ランジかましてみる。

e0259060_2505489.jpg



左手が止まりそうで止まらないトライを繰り返し、右手人差し指の先の指皮が穴を穿ってしまった。




つーことで敗退。



可能性高かっただけに悔しい。








お次は帰り際にある バクラ 三段(-)








僕の手数で20手程の長いトラバース課題。





指皮に割りと優しいが、ただ長いだけでなく悪いムーブもしっかり出てくる。




しかも染みだし多し。








だが、三人があーでもない、こーでもないとトライを重ねてほとんどムーブ解決した。






あとは体力がある時につなげるだけ。






状態の良いときに再びやろう。






そのあとはテルなり、オズマ、マーシー、えなりんと合流してイルカ岩へ。





つーか、もう身体中がミシミシいってたのもあり、イルカ 1級やったが、かなり悪く感じた。







恵那のグレードは二段以下は辛いと聞くが、確かに厳しく感じた。







なんとかイルカ 一級 は落として下山。






の途中で草むらに消えていく謎の動物の影を発見。







ロバ?


馬?




猪ではない何かが……。







よく分からないまま、夕食は結構有名なインター近くの中華料理店へ。






e0259060_9443658.jpg





腹がめっちゃパンプして、温泉行ってからのテントまでの帰り道。






謎であった動物に再開。




車からの距離約2、3メートル程と間近で見れた動物の正体は








特別天然記念物のカモシカだった。






初めて見たんでけっこう感動した。
[PR]

by field-of-spring | 2012-10-08 09:55 | 岐阜 | Comments(0)

岐阜国体・リード予選

二日目。



憂鬱なリードの予選。




まんべんなくボルダーもリードも練習してきたつもりだったけど、オンサイトグレードから考えてもボルダーと比べリードは弱い。





かといってもやらなきゃしゃーない。




リードのオブザベは47都道府県全員で行う。





監督含め、約150人で見るためごった返しになるが、両方同じ壁だし割りと立体的に2つの壁を違う角度から見るため、割りとホールドも見やすかった。




短いオブザベを終え、





アイソレーションルームに入って気付いた事は





武蔵は絵が上手い。






そして、





液体チョークが行方不明。






昨日のボルダーの後から行方不明。







愛媛は四国でも一番遅く33番目。






キモイマンにお願いしてエキチョをお借りすることに……。








ボルダーと違い、オンサイトトライのみという環境だから緊張しまくった。



壁はこんな感じ


e0259060_10341790.jpg


e0259060_10351628.jpg



下部から細かいホールド、滑らかなピンチ、そしてほどよくレストポイントもあり、思ったより中間部までは行けた。







そんなにパンプもしてなく、10メートルのルーフ地帯に入る。







そこで痛恨のミス。







深い足をチョイスし、更にフットホールドを保持し、クリップ動作を行う。






クリップも思うように出来ず。







そこで一気によれてしまう。






無理やり足ブラになりながらガバカチをとりにいくが力尽きてフォール。












オズマはまだ頑張っており、高度を上げていく。







観客に負けないくらい大きい声援を送る。







残り1、2メートル程の高さくらいまで高度をあげるがフォール。






やっぱりオズマつえーわ。







リードはめっちゃ足を引っ張った。





実力的に予想通りだけどなー。







オズマが頑張ってくれたおかげで愛媛は27位。





結局ボルダーと同じ順位になった。






もう1、2手伸ばしたら順位上がったやろーな。






ってかオンサイト下手すぎ。緊張し過ぎ。





エキチョ返すときにキモイマンやタオリンらに動きが硬いって言われたし…。






もっと落ち着いてレストポイントでムーブ確認しながらいくべきやったな。







リードでは香川が26位やって負けた。






うーん。アイリー店長とかリードしとらんつーのに……強いなー。







でも、四国一位。いや、日本一盛り上げたのは徳島のabeちゃんやろな。







登っている途中でチョークバッグを落とすハプニング。







それに気付かずエアーチョークアップ。







チョークバッグない事に気付いてからも右手、左手と交互にエアーチョークアップ。







かなり盛り上がったらしい。










四国勢の打ち上げも参加したかったが時間の都合上、すぐに岩場へと向かった。
[PR]

by field-of-spring | 2012-10-06 10:38 | コンペ | Comments(0)

岐阜国体・ボルダー予選

AM2時就寝からの6時起き。



こんなん慣れてるけど、アルコールには滅法弱いんで水分がば飲みしてアルコールを排泄しまくる。





愛媛の競技順番は40番と激遅い。





オブザベに入っても順番来た頃には課題忘れてまうわと思いながら








いざ、オブザベに……








1課題目




いきなりジャミングからのスタートに最後もジャミング使ってゴールですか?



しかし、まだ易しめな方だと思う。






2課題目




デカイホールド。スロパにピンチオンリー。





苦手中の苦手。




これは捨てとく。






3課題目





きた!狭いマントル!




マントルは行けるだろーが、下部のルーフがどれだけホールド悪いのか不明だ。







4課題目





多分最難課題だろーが、ホールド小さくて、悪い持ちにくい保持系課題。





多分2課題目より可能性あり?





んで、アイソレーションに戻り順番待ち。






ここでは未だに残るアルコール排泄との戦い。




多分誰よりも無料のポカリ飲みに行って、誰よりもトイレに駆け込んだと思う。







アイソレーションルームでやはり激強いクライマーもたくさん居るわけで……





名簿とかみてもロクスノとかよく名前出てる人らや、コンペ出向いた時によく上位に上がる人らばかり。





こんな人らと張り合えるワケねーやと逆にリラックス出来た。










目標としているのは






ライバルの多い四国内でのトップを目指す。





監督武蔵が課題をメモしてくれたお陰で、ながーいアイソレーションの時間も課題のイメージを忘れる事はなかった。




サンキュー!










会場は満席どころか立って観てる人、通路で座って観ている人もいる。






でも、本当に緊張はせんかった。





その雰囲気を作ってくれたのは、相方のオズマに違いない。



場馴れしてるだけはあり、オズマはリラックスしすぎてたなー。






国体はチーム戦で、ブザーと共に六分間で1・2課題を二人でトライする。




1課題目




ここはやはり強いオズマに突っ込んでもらい、手本を見る。





いきなりゴール手前までスイスイ登るが




ゴールタッチ。






誰かタッチノート書いたか?







んで、僕のトライは





やはり出だしでのジャミング出来ず落ち。





二回続けてトライ。





本とかで見るジャミングの仕方を見よう見まねでしてみて何とかスタート切れる。






悪い一手目サイド保持してダブルダイノでボーナス1ゲット。




ハリボテサイドのジブス保持して更にジブス保持し、ジブス付きのスロパピンチ保持してボーナス2ゲット。



んで、ゴール手前のジャミング

e0259060_6124573.jpg




やはり出来ず、無理やり引きつけて左手ロックしながら手を出す







が、ゴールならず。




僕はザコだから見た目よりかなり悪く感じる。





時間もないので、一応冷やかしに2課題目。



意外に一手目は持ちやすかったが、3手目のボーナス1すらゲットならず、やはり冷やかしで終了。





1課題目に戻るが、やっぱり登れず。





時間切れ





二人ともゼロ完登で前半終了。





ベルコン式なんで六分のレスト。




あー悪かったー。


あー飲み物忘れたー。


あー次も見た目より悪かったし、次もゼロ完登あり得る。





んで、あっという間に3・4課題目に突入。





イメージしていたし、とりあえず3課題目に僕が先に突っ込んでみる。





イメージ通り、下部は上手く事が運び、マントル返す。






が、左のデカイホールドの上に立ってしまい、これじゃゴール取れねーってな感じでボーナス1・2ゲットで終了。





右のハリボテでマントルやとオズマに伝え、オズマもボーナス1・2ゲットする。




が、狭いマントル返せず。







んで、作戦練り直し2トライ目

e0259060_6313770.jpg


e0259060_6322517.jpg


e0259060_6325396.jpg


この体制が一番搾りってな感じであったが、



e0259060_18575876.jpg




完登出来た!



良かったー2撃やー!




続くオズマも、狭いハリボテの上で固まってしまい、
e0259060_1859240.jpg



首振って無理だーってな感じで叫んでいたけど、





何とか登れた!




4課題目はスタートからして丸みのあるカチピンチみたいなのを続けて持つ課題。スタンスも悪くどーしよーもない感じだった。




結局二人とも時間もなくボーナスも取れず終了。






二人1完登ずつで合計2完登。




キモイマンに聞くところ、二人で2完登はなかなか良いとこいくかもって聞いて、やっぱり課題悪かったんだと思いながら、



愛媛新聞記者にインタビューされても下ネタ1つも言う余裕なく、




応援に来てくれたみんなに感謝の言葉を伝えた。




結果は27位。




目標の四国内での一位を取れたし、もしかしたら40位台をも覚悟してたから上出来だと満足。





嬉しい結果。




愛媛予選に出てた人には背中を向けなくて済む結果だと思う。





ただし、1課題目はジャミング出来てたら間違えなく登れたと思うし、ロック力と引き付けが強ければ登れただろう。




自分のスキル面で足りない物も気付けたし、学ぶことも多く良い経験を積めた。
[PR]

by field-of-spring | 2012-10-04 19:05 | コンペ | Comments(0)