ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


西之川~雲岩とツトム

めっちゃひさしぶりの西之川へ単身で乗り込む。





目当ては怒鎚。所長に場所聞いて一発で到着。

e0259060_14401949.jpg


山々には桜も咲き誇り心地よい気温。






しかし、怒鎚はホールド濡れ濡れ。染みだしというレベルではなく、閉まりきってない水道のレベルなんで今回はパス。






かわりに茜雲(初段)青雲(一級/初段)闇雲(一級)の3雲をトライ






ラインが分かりにくかったんで、オンサイトは我慢し、所長の動画でホールド、ムーブとライン確認。


e0259060_14473064.jpg


茜雲・青雲・闇雲という順にオール一撃かます。








個人的には3つの中では闇雲が一番辛く感じた。時間もおしてたんで間髪入れずにトライしたせいでもあるかも…









早々に移動をきめこみ、登りたいスノーアタック(初段)と香月(三段)のあるオロナマントルエリアに行くか、ツトム(初段)と柊(三段+)のある下流エリアに行くか迷ったが








一人だし、よりアプローチの楽な下流エリアへ決定。






e0259060_14562693.jpg



早速ツトム(初段)のスタートについて数ヶ月前に登ったねぼすけに確認。



e0259060_14595187.jpg



これをオンサイト出来たらカッコイイやろなと誰も見てる人おらんのに想像してトライ。






邪念が邪魔したのか?上部のガバに手を出した瞬間に手がスッぽぬけフォール。






オンサイト逃したショックが大きかったのか?二便目、三便目とトライするが、逆に高度が下がる。






こりゃいかんと気合いを入れ直し、レッドブル注入してレストとって再トライ






結局五本目に完登。




なかなか気持ち良い課題だったなー。ホールドは手汗残っていたけど…。






そして、お目当ての柊を改めて触る。




3年程前になるかな?これを以前触ってワケわからんかったけど、改めてワケわからん。






スタートが違うのか?





両手アンダーってどっから?岩の左下の方?それとも中央やや右側の部分?



分からん。





んで、敗退。三年前と同じく不可解なまま終了。








※基本的にこのブログを読んでくださっている方々に不快な気持ちを与えたくはないんですが、この場を借りて警鐘をならさせてください。





今回久しぶりに訪れた西之川ですが2つのエリアに赴き、モヤモヤした気持ちでいます。





一つはゴミ。それもクライマーが落としたような岩のすぐ近くに捨てられたもの。敢えて詳細を言いますがグルコサミンやアミノ酸、割り箸の袋やエナジードリンク(モンスター)の空き缶。





当たり前ですがゴミを残さないようにお願いします。全て拾って帰りました(今、拾ったゴミ袋の中を確認してるけど、空き缶がない……残置しっぱなしか?しまった。)






そして、もう一つはおびただしいティックマーク。雲岩もびっしりで、ツトムのラインにいたってはティックどころかフットスタンスを丸く囲っている丸マークが掃除もされずそのままになっていた。




目についた所は全て掃除しときました。





最近色んな岩場に出向いて、岩のかっこよさや澄んだ川の水。自然の美しさについては西之川はピカイチだと思います。





しかし、岩場でのマナーについては、ここ最近出向いた岩場では最低のレベルになっているように感じました。




もうすぐGWも近いです。他県からも多くのクライマーが訪れてくるでしょう。




地元の一員として、県外のクライマーから「愛媛は良い岩場だった」と言われたいのは至極当然の事だと思います。








もう一度、マナーを考えてクライミングを楽しんでいただきたいと心から思います。







若輩者が偉そうな事言ってすいません。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-30 20:36 | 愛媛 | Comments(2)

三登目の備中

最終日は雨も上がったが、染みだしは多いだろうとか話し合いながら…



今まで行ったことのないエリアや、情報の乏しいエリアに行ってみようとなり、最初は羽山へ


e0259060_1733290.jpg




やりたかったお百度参りは予想通りビチョビチョ。






とりあえずアップで 半日仕事11a をする。





僕はもうRPしてるんでこれもねぼすけにオンサイトトライさせてみる。





が普通にテンション。


e0259060_831150.jpg




二便目で完登。

e0259060_23101978.jpg




そのあと、濡れていない課題を選んでいたら、ちょっとこちらへ12b が大丈夫そうなんでトライ







そこで気付く。






岩のコンディションはさておき、自分のコンディションは最悪。ヨレヨレ。





e0259060_10343191.jpg


よれてたら登れるモンも登れん。






そして、気になる辛いと噂の燃えない岡山県民 12d をもとめて川エリアへ



e0259060_10365814.jpg


県民は濡れてたので、大丈夫そうなあばらの痛み?ビッシー?どっちか忘れたけどトライし、敗退。

e0259060_10382953.jpg





かなり悪そう。


e0259060_10401332.jpg

降りる時は嬉しそう




そして、2ルンゼとじゃろうの様子も見に行こうとなって、まず2ルンゼ



やりたかった半分バナナはビチョビチョ。





気になってた鮫の頭をちょっと触ってみたが、ワケわからなくて敗退。







んで、じゃろうに移動し、染みだし影響なさげなムーブも分かっているよいではないか 12a にねぼすけがトライ
e0259060_1044650.jpg



とりあえず次だしたら登れるやろうというところで時間切れ






最終日は敗退だらけで終了。






おまけ
e0259060_10465330.jpg



説得力ないなー。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-29 10:48 | 岡山 | Comments(0)

二登目・長屋坂

生憎の雨。それでも登れるエリアにって事で、二日目は武庫川から戻り備中、長屋坂へ






とりあえずカウントダウン 12a を落としたかったんで、アップしながらホールド確認しつつ上まで抜ける。

e0259060_892328.jpg


核心手前のホールドがベチャベチャなんで今日はコレ、もう登らんってな感じで別の濡れてない課題をチョイスすることに…








morisama 12a/bは濡れてないみたいだが、僕はすでにRPしてるんでスルー。






ねぼすけはまだなんでトライ
e0259060_094362.jpg


「悪い悪い」と言いながらも一便目でゆっくりムーブをばらし、二便目でRP。





んで、再び僕は何しようか迷ったあげく、吸盤 12d は毎度濡れてるし、核心部は下からでも拭いたりブラッシングも出来るんで今回はこれをターゲットに…


e0259060_1628525.jpg

前回宿題になってるねぼすけもトライ




12dって言ってもボルト三本のみじかしいルート。






ってか一級のボルダーみたいなもん。







二人で順番にトライして






ねぼすけが先にゲット。








の、後すぐに僕も完登







グレードもあれなんでそれなりに嬉しく、とあるクライマーの真似をしてみた
e0259060_16314541.jpg

あんまり似てなかったみたいだが…








ラストに黒鳥の交差点が何となくやれそうだったんで、オンサイトトライ。






まんまとホールド見落とし撃沈。






ホールドとムーブを伝えてしっかりねぼすけはフラッシュ。







おいしいとこ持っていかれているけど、もう暗くて、ライト無しではホールドも見えない状況。






前にナイトでよいではないか 12a を落としていることもあり、今回も調子にのってトライ







が、このルートは全く質が違い、ホールドがゴチャゴチャしてるんで登れず敗退。






明るい時に瞬殺しようと決めて撤収。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-27 16:57 | 岡山 | Comments(0)

一登目の武庫川ボルダー

再び三連登の旅を目の前にして、ジムで軽く薬指の筋を伸ばしてしまったんでやる気ゼロックス。




気分はもうレストしたかったが、ねぼすけはやる気マックスだったんで武庫川ボルダーへ







今回は登りの写真なしなんでねぼすけのイメージで





e0259060_21484176.jpg

ねぼすけ 飛猿 三段 完登。







僕は右手の力が入らんくて終了。



おまけに冷酷(四段)は

e0259060_23275687.jpg


あちこち染み出しているし、ムーブを作る気も起こらない。






飛猿はトライ重ねたら落とせるだろーけど、なんとなくここはしばらくもう来なくても良いかなって感じ。








おまけ


ランピッド店長
e0259060_23215698.jpg


e0259060_23263933.jpg

[PR]

by field-of-spring | 2013-03-26 17:10 | 兵庫 | Comments(0)

シーズンアウトの花崗岩

もうシーズンは終わりそうな感じだけど、武蔵の用事もあったんで遊山とジョニカンしに再び
e0259060_712685.jpg

e0259060_713493.jpg

久々にフリーザ一味で行動したが、進展は今一つ。




あのホールド欠けての再登でてんのかなと改めて思う。





気温も高まり、ホールドも持てなくなってきてるんで、気持ちを変えてジョニカンへ


e0259060_23293315.jpg



高い。



が、今日はあのマントルを返すと意気込み、ねぼすけがスタートを切る。





下部、中間部もすんなりこなし





リップに到達。






しっかりレストをし、








マントルの体勢に入る。





手を返し完登







と思ったと同時に足がスッぽぬけ







それと同時に180近い巨体が僕の目の前に降り落ちてくる。




無意識に出した両手がねぼすけの身体を捉えて押さえたが、着地はマットの外に落ちてしまった。







ヤバい






あの高さから落ちたらただじゃ済まないだろう。







そう思っていたが







無事に動ける様子







一安心したが




その後にトライした僕と武蔵も動きが硬い。






あんな凄惨なものを見せつけられ登れるワケがなく敗退。





その後水軍(初段)を探しに移動したが、発見出来ず





結局レアール(初段)をとトライ
e0259060_15173187.jpg

e0259060_15181993.jpg

ヌメってダメダメなんで

e0259060_1642268.jpg

公マンと
e0259060_1652424.jpg

ツチノコをリピッて終了

e0259060_1664948.jpg

岩と夕陽とこの素晴らしいロケーションのコントラストが美しい。





来シーズンこそは遊山を落としたい。






おまけ
e0259060_1682637.jpg

[PR]

by field-of-spring | 2013-03-22 16:09 | 外岩 | Comments(2)

三連登目の豊田

初日にリードして敗退して


二日目に豊田でボルッて登りこんだ挙げ句は






やはり指皮がない。








今日はぴなくる2のオーナーさん?に案内していただき宮川エリアへ







ってか古美山エリアから近い。




古美山には何度か来てたのに、こんな近くにあったなんて驚き。





百岩場でも何十ページと書き込まれているのに、エリアはまだまだ多いんだねー。






今日はひぐらし触りに行きたかったんだけど、エリア案内してくれるみたいだし、とりあえず同行し、アップもなしで初段から。




蛇の目(e)

e0259060_3192832.jpg


クライマー オズマ




これは登り後耐えのある課題



e0259060_992217.jpg



が、指皮なくて痛くて嫌になってモチが上がらなくなって敗退。






昨日ひぐらし(g)が惜しかったし、モチベーションはそっちに流れていた。





蛇の目はねぼすけ一撃。

e0259060_974029.jpg




オズマも完登。

e0259060_9968.jpg


二人とも元気やなー。





そのあと


e0259060_9171545.jpg


サンチョ(f)





お約束のように誰かしらタオると思っていたらしっかり自分がびしょ濡れ。





あーあーって言うてたら地元のクライマーも膝上まで川の中へイン。





DWSの時期にはまだ早いんで早々に諦めて次へ





緑(e)
e0259060_9245094.jpg


オズマ一撃






ねぼすけも完登






僕は
e0259060_932663.jpg


昼寝したりとのんびり過ごしていたりとほのぼのと敗退


その間にメーサマがパワフルなCの課題を完登






あれは女性にはキツいやろと思っていたからビックリ。





やっぱりクライミングは力じゃないな。







そしてお目当てのひぐらしをしに巴川へ





ホールドとか確認して、準備している間にオズマは完登。





好き系って言ってただけにやるね。





対して僕はこういう挟み込み系は苦手。


e0259060_6553282.jpg


指皮なくて痛かったとは思うが、今日はこれを落とすと決めていただけにアドレナリンが出て集中は出来ていた。

e0259060_6581676.jpg


ガバまで届いていたトライもあったがヨレ落ち。




敗退。



もう豊田のシーズンは終わりそうだし、しばらく完登はお預けとしておこう。




次来たらサクッと落としてやる。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-21 21:03 | 愛知 | Comments(0)

大和魂

オズマ・ねぼすけ・メーサマと豊田へ








僕のお目当ては豊田に初めて訪れた時からやっている課題。




大和(g)







トップアウトする課題ではなく、ゴールホールドをマッチする課題だが





前回はゴール片手保持で悔しい想いをした課題。






今回はこれを必ず落とすと決めていた。






いきなり三段を触るのもなんなんで






とりあえずリーチロックでアップし
e0259060_2322524.jpg

メーサマも宿題だったリーチを撃破!やるね。




心地よい課題アップを終え、そして大和をトライしに




e0259060_2352070.jpg

縄文(e)をトライするねぼすけ





何故か相性悪いみたいで敗退。




オズマは縄文瞬殺。











そして、僕はホールドとムーブを再確認してから






本日の1トライ目


e0259060_2415249.jpg




頭のなかで何度もイメージされたムーブは自動化しており、核心部を抜けてゴールのホールドを片手で保持









と同時にもう片方の手がスッぽぬける。






そこで最終ムーブをねぼすけからのアドバイスを受けてムーブの再構築








意外にしっくり来たんでビックリ。









これなら確率は大きく上がりそうだが、なんせ連発の出来ない課題であり






大事に取りつく。





2トライ目は


e0259060_72963.jpg

なんかもう全く落ちる気もおきず核心を抜け


e0259060_731577.jpg

e0259060_7345811.jpg




ゴール保持る瞬間だけは絶対外したくない気合いで唸り声を出して









完登。








ひと安心。






とりあえず今回のツアーの目標達成。




後はエンクラだと心が入れ替わる。





古美山から大給城址に移動。







色々と初段クラスを触ることにする






ねぼすけとオズマにおすすめしておいたポールポジション(d)で花崗岩らしいのをやってもらい二人とも流石に完登
e0259060_965489.jpg







その後は 鯉のぼり(e)



ねぼすけとオズマに失敗ムーブを参考にして、僕はしっかりフラッシュ一撃



e0259060_945130.jpg

鯉のぼりをトライするねぼすけ




ねぼすけは宿題に






オズマはそのあとしっかり完登
e0259060_953359.jpg








そして近くのムーンサルト(e)




今度は僕が突っ込んで
e0259060_9104535.jpg


オンサイト




甘めに感じたかな?



オズマ・ねぼすけも続いて完登






今度は行ったことないエリアに行こうとなり





大楠林道エリアへ






ねぼすけが気になっていた兄貴(e)




e0259060_914884.jpg


これまたオンサイト






e0259060_9143316.jpg

オズマも一撃
e0259060_916116.jpg

ねぼすけも一撃





そのあとかりんとう(f)の雰囲気だけ味わって敗退し







巴川エリアへ移動


画像とる間にオズマはきりきり舞い(f)を数トライでゲット。





やるなー





僕はランジは苦手じゃないが、なんか発射がしっくり出来ず、横のひぐらし(g)をすることにする

e0259060_0421555.jpg

四つ目のエリアなんでもう真っ暗になってきたんで終了。






登り過ぎて指皮がもうないんですけど……と次の日は登れないような気がしながらホテルで就寝
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-19 09:32 | 愛知 | Comments(0)

長屋坂 カウントダウンダウン

本当は別のエリアに行きたかったんだけど、雨降ったし仕方なく長屋坂でリード。





とは言えこのエリアで12台はmorisamaしか落としてなかったし、今日から三連登なんで軽めに登ろうという気分でエンクラ。





と言いつつ10台のスラブのツルツルスタンスで足が吊りそうになるなど幸先悪し。







そして、現在ビショップでマンダラを登りに行ってるカトちゃんが宙吊りハングドマンになったルート。





カウントダウン 12aをする事に。






以前、カトちゃんがあやつり人形になったあの瞬間を見てしまっているだけに






やる前から心は折れていたが核心部まではすんなりいける。







が、やはりテンション。





核心部オモロイ






が悪い。






ホールドとムーブを確認して



とりあえず上まで抜けてねぼすけのトライを見守る


e0259060_20425784.jpg








やはり核心部でテンション。





その後、ねぼすけなりのムーブをすると「核心ラクにいけそうですよ」との事







それを試してみることにし、トライしてみる。






普通にテンション。









足深いからピンチをガストンでもてない。









ねぼすけはリーチあるからあてにならんかった……。









でもまあ自己責任







後悔しながらねぼすけのビレイ







見事二撃







ナイスクライミング








んで、最終便を出す頃には気温下がりまくり





いざ登り始めるとまんまと足がつりかけ、腕もつりかけ。







明日の事を考え、敗退しておく。






勇気ある撤退ということにしておく。






まっこんな日もあってええかな?
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-18 10:55 | 岡山 | Comments(0)

武庫川

ねぼすけの希望もあり武庫川へ




と言う僕も飛猿 三段のリップタッチをしてたなと思い出しながらバッチとねぼすけと三人で向かう。




e0259060_952317.jpg




やっぱりこのトンネルはちょっと怖い。







僕は初段以下は全て終わっているんで




軽くアップを終わらせて飛猿にトライ






ん?






スタートのホールドが届かない?






あれ?あれ?と考えていたが、どうやら下地の砂が流れて下がっている様子。






触れないんで仕方なくマット重ねてトライ







最近指皮なくて登れない時が続いていたこともあり、その間していた体幹トレーニングが功を奏したらしく、一年前と比べてもスタート切るのがダイブ楽に感じる。





e0259060_9591223.jpg


大猿回しは二撃したねぼすけ


恵那のイルカ 一級の方が悪いようなとねぼすけ談







早速一緒に飛猿
e0259060_1003213.jpg


ねぼも良い感じで




e0259060_1011656.jpg

僕も後一息






だが、登れず




バッチは
e0259060_1023283.jpg



ちょっと苦戦していたが、猿回し完登




バッチの実力なら一撃できる三級だが、岩経験が浅いせいかホールド見落として落ちるといった感じが何度かあったな。




ホールド間違いはレジェンド日の丸の十八番だから





やはり二代目ヒロだな。





そして飛猿は何度もリップ触って右手が抜けて落ちたり、を繰返し終了。







その前に冷酷 四段 にもちょっと触ってみる






ん?





これは狭い系で近いホールドに耐えていく感じだな。






可能性のありそうな感じだけを残して終了









また来ようかね。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-10 09:38 | 兵庫 | Comments(0)

暗くても…よいではないか

組合の動員~深夜~組合の臨時大会~深夜明けで備中へ




日光がマブシス







睡眠不足と花粉症とでボーッとしながらも運転はねぼに任せて寝ている間に備中着。





とりあえずアップで2ルンゼの やさしいフェイス 10a から。







岩場初リードのバッチ

e0259060_1354323.jpg

登ってんのはねぼすけだが、しっかり10aはオンサイトしてたな。







そして、各々がお望みの課題に触れていく




ねぼすけは
e0259060_23421251.jpg


びんぼうゆすり







僕が落としたのはもう一年前になるが







初の13だったし、思い入れもあって感慨深くムーブが面白かったなーって懐かしく感じた。








ねぼすけは僕が落とした時にビレイヤーだったし、色々と自分なりのムーブでテンションかけながらも一通り上までは抜けていく。







そして、






本気トライで


e0259060_23471627.jpg




フォール







やべーなコイツ。完登するかと思ったわ。






しかしこの後、核心抜けた後の右のポケットで筋を伸ばしてしまう。






お大事に。







バッチは奥の手 10 d?11a?に焦点を当てる。




e0259060_12745.jpg



バッチの登りは

①観察不足
②普通は使わないだろーな的な悪いホールドをチョイスしても泥臭い登りで上部に突っ込んでいく。
③「ポゥ」と登りきった時に叫ぶ
④エロ本の事をオカズと言わずゴハンと呼ぶ
⑤「今日はゴハンを抜いてきました」など、食べてんのか?抜いてんのか?まぎわらしい事を言う
⑥名前に「ヒロ」がつく





以上の事から、十分にレジェンドの二代目と呼べるのではないかと思う。






今回、ヒロバッチは時間もおしてたんで完登ならず






さて、自分のことだが






初めて備中に来た時に触ったルート







よいではないか 12a







初めて触った12でもあるし、以前は敗退して心が折れまくった記憶がある。






そして、しばらく数年ほったらかしにしていたんで触る事に…









んー






イメージだけは覚えてたが、細かい動きはすっかりリセットされていた。








ヌンチャクをかけつつホールドとムーブを確認して二便目にかけることにする。








トライまでに二人のビレイなどをしていたらすっかり日暮れ。






最早トライも出来んやろと言うくらい真っ暗。






次の日の予定もあったから、ヌンチャク回収もしとかなきゃいけないんで





ヘッドライトで照らした部分しか見えない状況でヌンチャク回収&トライ。






下からも照らしてくれていたが、







2ピン目まではけっこうランナウトしているんで、最早1ピン目クリップした時点で下からの灯りは無意味なくらい離れてる。






そして予想通りだが、スタンスの見落としや、ホールド探したりしている間に手に疲労感が漂っていく。







下部から中間部のダイナミックな部分は問題なくこなせ







上部の細かくバランシーなパートに入る







スタンスは見えにくく不確定なところに体重を預けながらも、手を足を進めていき






最後のクリップ手前にあったハズのガバも目の前にあるハズなのに見えずに使うことなく











完登











以前は敗北感を強く感じたルートでもあり






ナイトモードでヌンチャク回収がてらの半ば諦めかけたトライでもあったし





ポゥとは叫ばなかったが歓喜の声は自然と発してしまった。











数年前には出来なかった事が出来るようになっていく様は






やはり自分自身の成長を感じられる。







こういう瞬間、クライミングしてて良かったなと心から思える。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-09 23:40 | 岡山 | Comments(0)