ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ウワコンアフター

宇和島コンペ後、なんとか寝坊しないように職場に到着。



岩場に行けないことは残念で仕方なかったが、気持ちを切り替え仕事に集中


持ち前の処理能力で午前中に大抵の仕事を終わらせたので運良く半日お休みもらえ



みんなが集結している所へとユーリンと急行


着けばテンションあがる岩達

e0259060_1433468.jpg

急斜面にあるために、アプローチは結構疲れるかもしれない。


そして、苔や蔦が伸び伸びと成長してるので、開拓は大変だろうが



しかし、ポテンシャルは計りきれんかった



とりあえずみんな、ボチボチアフターのアフターになってたが


大学生らが出来ないと嘆いてるスラブにムーブを瞬時に見出だしてやってみる

e0259060_14401910.jpg

ユーリンがやってる右側のライン。初登いただきました



一手モノの課題だが、ムーブは花崗岩チックでバランシーで良かった。リーチあれば楽だろうが、僕はパツパツでキツかった。




画像ないと分かりにくい、ムーブからして課題名は『組体操』グレードはリーチに左右されそうだけど、一級か二級くらいかな?再登者なかったしよく分からん。



もう時間もないので帰り道にあるボルダーを触る

e0259060_14533792.jpg

マサト初登の『鹿 四級』とかは、岩場でしかなかなか体験できない感じで良い課題だ



その鹿の裏手で面白そうなラインを見出だして


ねぼすけと一緒にやる


e0259060_14575488.jpg

カチでスタートして、遠めのガバポケットをとって、あとはカチからカチへと面白そうなライン



明らかに初段くらいありそうな感じ



上部のカチをとり、リップまであと一手のところで
e0259060_1503955.jpg

e0259060_151582.jpg

とりあえず完登の可能性が半減



まだなんとかできるはずとねぼすけと一緒に続ける



ねぼすけは一手目のポケット取りが全く出来てなかったんだけど



ようやく一手目取りの体制をとれたところで



唯一のスタンスらしいスタンスホールドをゴッソリ破壊



僕がザキを唱えて、ねぼすけがザラキーマでトドメさしたようなもんだった



まぁゴミみたいなスタンスで踏ん張れるツオイ人なら


このラインにザオリクで生き返せるだろうけど



もう時間もなく暗くなりつつあるなか

e0259060_1574677.jpg

e0259060_1585744.jpg

リップ腐葉土まみれの課題登って終了
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-21 18:10 | 愛媛 | Comments(2)

第10回宇和島コンペ

激烈に忙しかった夜勤を経て


コンペ界からは身を引いた存在ではあるので出る気はないが


ユーリンや愛大生らの送迎と、翌日の岩場の為に向かう予定なので


とりあえず昼寝


と思ってたら職場からの電話で起こされ


「インフルの発症とノロ疑いの……」


とにかく明日は急遽仕事ね。アフターの岩も無しか。


同行予定者に連絡とったり、ユーリンの用事も頼まれたりで



結局二時間しか寝れず宇和島へ



道中は眠らないようデンチュウとずっと話ながら到着


すでにビギナーとレディースはコンペ開始しており、ビギナーのデンチュウは30分遅刻になった。ごめん
e0259060_13443920.jpg




更に到着したらエキスパートの参加者が三人しかいない状況…ミドルはメチャメチャ多いのに…



セッター武蔵「夜な夜な作った課題が泣くので出てください」


セッターハッサン「えー、出ようよ」


コンペ引退宣言もしてたけど…


僕は付和雷同なんで、友のコンペを盛り上げる為に軽めに出ようかな



でも比叡から膝の調子も微妙なんで、悪化しないようにスポーツ店に急遽サポーターを買いにいく



そして帰ってきたらすでにミドルとエキスパートはコンペ開始してた

e0259060_1402946.jpg

今年も大盛況、ってか半分以上が愛大生?



念入りにストレッチして、ゆるーく準備する。



ここで、いつもの肘のサポーターは忘れてしまってる事に気づく。



色々とハプニングばかりで…



なんて日だ!



って思ったら ちょんのすけのサポーターをかしてくれた。


予定外の出来事ばかりで困惑しながら、遅れつつコンペ参加



ふむふむ、サポーターの具合は良い!


この時点で優勝候補なのはイノトンとねぼすけ


イノトンは僕がアップで四級登っていたら、目の前で二級をゲット


やだ、この人ツオイ……と思いながら大人の意地を見せつけ、同じ二級を一撃しておく


この時点で火がついてた。


ヤダヤダ、故障するパターンだなと思いながらも気持ちは鎮められず


前半で二級をバンバン落として、中間の休憩の時点でたぶんトップ


e0259060_142407.jpg

今回同行したデンチュウ。遅れながらも追い上げを見せる。



ここで、マサトとバッタくんも到着してた。


しつこいが夜勤明けなので、眠気との闘いもありつつ後半戦開始

e0259060_15125188.jpg




調子もさることながら、しんどいながらも充実感を得る課題が多いので


もうユルくやろうとは頭の片隅にもなくコンペを楽しんでた


とりあえず高グレードも一通り触って


一級と初段は誰も落としてなかったくらい悪い。


まぁ、どれかは落とさないとセッターの顔も立たんやろと思い、必死こいて一級はゲット



その時点で身体が終わりました…



そして結果は
e0259060_14231668.jpg


e0259060_14193116.jpg

一位ねぼすけ、二位スプリン、三位イノトン


となってた


他のカテゴリーでは、ビギナー、ミドル、レディースとEUFCが制してたのかな?

e0259060_15144551.jpg

e0259060_15151117.jpg



特にちょんのすけがレディース一位は驚いたね




そして今年はクジ引きもあったりして


e0259060_14251744.jpg

恒例の鍋をつつき



明日の仕事があるんでと、今回は泊まらず


居眠りしないようにと、アニソンを大声で歌いながら帰宅



最後に時計を見たのは2時前で、明日の仕事、寝坊しないようにと祈った瞬間に気絶
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-19 15:02 | コンペ | Comments(0)

新生ランピッド

お手伝いしにランピッドへ



ホールドチェンジ初日
e0259060_18365548.jpg

そして、現在がこちら
e0259060_18392376.jpg

簡単めな課題セットしとります





ランピッド







明日から楽しみですね
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-16 18:45 | 人工壁 | Comments(0)

比叡・日之影ツアーday2

目覚めはまだ月が綺麗な真っ暗闇。


徐々に明けていく様子は正に春はあけぼの。


早起き組のねぼすけとワカちゃんと三人で日之影へ出向き


ワカちゃんの『明日吐露right』を早朝トライにお付き合い
e0259060_1531635.jpg

風が吹き通り寒かった


ワカちゃんは安定感が如実に出てきたが、リップ取りがやはり厳しかった様子


チェックアウトの時間もあるので、時間限定のトライでもあり、惜しいトライがずっと続いて敗退



そしてみんながチェックアウトして待ってたので一旦戻る


そして比叡へ


とりあえずはタブの木エリアの村田岩でアップ

e0259060_1510218.jpg

見ての通り、気づく人は気づくかもしれないが


高グレードはないものの、植林しているから、できるうちにやっておいた方が良いだろうね

e0259060_15121629.jpg

岩と青空と登るイノトン

e0259060_15135910.jpg

e0259060_1515614.jpg

e0259060_15154272.jpg


ズーミンもがんばりました


アップを終え、まずはユーリンの『アナコンダ 二級』のトライにお付き合い
e0259060_15161040.jpg

ねぼすけの「こういう時、結構1トライでいける時が多いから、集中して!」のアドバイスもあり
e0259060_15191759.jpg


見事一本指ぽけっとをデッドで捉え、指先に血を滲ませながら完登


僕は何するかと迷っていたけど、とりあえず昨日やってた『ツノ 初段』




は、やはり一手目が昨日ように出来そうだけど出来ないので萎えて


近くでワイワイとやってるギブアップ岩のセッションに混ざる


とりあえずユーリンのやってた二級のとなりの『剥けび 一級』を瞬殺


ユーリンも
e0259060_21122980.jpg

名前忘れたけど、二級の課題をしっかり落としてた


お昼ごはんを済ましてのんびりしたあと、そーいえばエリア全体像を把握したいと思い、散策をする


次々に現れる登りたくなるラインがたくさんあるなか



バッチも言うてた広場フェイスがピカイチだと思ったのでみんなを唆してやりにいく


明らかに挑発的なハイボール。だがフェイスというよりスラブといった傾斜
e0259060_20354143.jpg

一番良かったのは

向かって左側の『明鏡止水 二級』
e0259060_132532.jpg


無事一撃

e0259060_20344029.jpg

『明鏡止水』は名実ともに名作といった感じで高いところで落ち着いてムーブを起こさないと登れない…ってか危ないね


みんなも色々トライ
e0259060_2044133.jpg

岩の上からの一枚。日当たり良好な広場ですね


e0259060_20452010.jpg

大人勢はみんな
e0259060_21134985.jpg

『明鏡止水』を落として、イノトンはさすがに恐怖感が上回ったみたいで上手くクライムダウン。適切な判断だと思うよ


e0259060_21145950.jpg


ユーリンもここの三級はビビりながらトップアウト。


裏では
e0259060_21163296.jpg

登るズーミンにワカちゃんのスポット


良いトライを繰り返してた




時間も程々にして


今度は大谷エリアへ移動。



e0259060_21184850.jpg


やはり圧倒的な岩。


開拓者様々といった感じ


とりあえずねぼすけと一緒に『マツノキミギ 二段』をやる

e0259060_215218.jpg

ねぼすけは以前のコンペでの経験値を生かして中間部?下部?のガバポケットを捉えて、核心らしき所は終ってたのに


意味不明なフォール



僕は何度かやってみたけど、ポケットとれず


ってかなんかしら膝が妙な痛みが出たので止めとく



かわりに『マダニダニ 二段』は多分核心らしき手前までしかいけず敗退


時間もないので見切りは早くして


ちょっと移動して、前のコンペでど嵌まりしてた『のりっぷり 初段』


ほんの15分ではムーブを思い出して指皮にトドメをさしただけで終了。





二日目はほとんどエンクラで終わってしまったが


改めて比叡、日之影の資源の豊富さと、開拓者の苦労をひしひしと感じながら


地元の方々との関係性を保ったまま、このエリアが存続できるように


僕ら県外からのクライマーこそ、しっかりローカルルールを守っていくべきなんだなと感じた

e0259060_2232052.jpg

またいくよ!
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-14 01:55 | 宮崎 | Comments(0)

比叡・日之影ツアー day1

比叡の岩コンペ以来ずっと行きたいと考えていたけど、やっと連休と快晴というチャンスが舞い降りて来たので宮崎へ


メンバーはイノトン親子、ワカちゃん夫婦、ねぼすけ、ユーリン・レイチェルの大御所。



あの岩場に行けると思うとテンション上がりまくりです


とりあえず4時起きでみんなと集合やらなんやらして5時に松山発


7時30分発のフェリー乗り場に一時間前に着いたけど


連休なのですでに九州行きの車がたくさん。


そこから岩場行く前に買い物しつつ行くと、到着はやはり12時頃に
e0259060_3472784.jpg

変なテンソンのねぼすけ。僕も船内と車内で上がりまくりです


わき見もふらずタブの木エリアの神宝岩に到着し


コンペで苦い思い出になってた『カンダハル 初段』をアップもそこそこにして早速取りつく



とりあえずムーブの再確認しておく。岩は気温低くてホールドは痛く冷たいが、フリクションは最高。




「3トライ以内で落とす」



と自分を追い込むように目標をたてて登り始める



e0259060_1473967.jpg

が、どうもスタンスの感じがちょっと違う。


すでに3トライは終わってしまい


もう一度ムーブ確認してたら、一緒にちょっとやってたねぼすけのトライで前回やってたムーブを思い出せて
e0259060_1521646.jpg

ちょっと躓いてたパートは楽にこなせて

e0259060_1541249.jpg

e0259060_1541898.jpg

しっかりお持ち帰りできた


改めてだけど、ヒール、トゥーフックにニーバー等々、ムーブが多彩で、内容の濃い課題だった



とりあえず因縁にはけりをつけたんで、他のみんなのトライを見つつ


他の課題を見たり触ったりしておく。


ワカちゃんは『カンタンダカラ 初段』
e0259060_7504350.jpg

しっかり完登


ユーリンは『アナコンダ 二級』に的を絞りがんばる
e0259060_7482852.jpg

落ちまくってるけどがんばる



イノトンはいつの間にか前回の宿題だった『SDハンター 初段』をしっかり落としてた。つよっ
e0259060_834022.jpg

イノトンの『カンタンダカラ』トライはスポッターのプレッシャーに阻まれてた


その後、岡山から起こしのお馴染みのメンバーがいたので、ホームな感じになって『ツノ 初段』セッション
e0259060_881675.jpg

みんな普通に一手目ができず敗退。なんかコツがあるんかな?


その後、一手目が出来ないってのは気持ちが萎えてしまうので、ねぼすけと隣の二段をトライ
e0259060_861769.jpg

しっかり指皮献上して終了


V12からV11にグレードダウンしてた『デルビオ』がカッコイイし、タクくんがやってたのでちょっとやってみたけど


これはかなり通って撃ち込まなきゃ自分の実力からして無理なんで冷やかしで止めといた。



そして、今夜の宿のチェックインも時間指定が3時~5時30分までと時間厳守でと言われていたので一旦宿へ向かい



チェックインを女子に任せて男達は日之影へと向かう



やりたかったのは
e0259060_1026381.jpg


『明日吐露right 二段』





2012年の冬に発売されたロクスノNo.58『日本のボルダー名課題165』という特集があった時に、日本全国のボルダー課題が紹介されていた時に


一番やりたいと思った課題だった。




実物をみると、やはり圧倒的な存在感。



だが、恐怖心よりも登りたい気持ちの方が強く出ていた



ねぼすけはすでにフラッシュを成功させていたみたいだが



僕はそんなのは登ったあとでもあるし、ちと厳しい



とりあえず時間的にもすでに日暮れ。5時を過ぎてたのもあり「3トライ以内で落とす」と前にも聞きました的な発言をして望む。



もちろん二段オンサイトなんて無理だし、ねぼすけの完登動画もみちゃったりしてたのでフラッシュトライ




は、まんまと中間部でホールドとりそこねてフォール



呼吸を整えて、ほんの少し休んで2トライ目



少しずつ上部へと詰め寄り



ラストのリップ取りのランジのパートまでいき


やはり少し恐怖心が顔を覗かせた感が否めない感じで手を出す


ビビりながら出した手は、やはりリップへ届くこともなく



滞空時間の長いフォールが待ち受けていた



が、手を出してフォールしても無事だった



これでだいぶ吹っ切れた



次のトライまで、ゆっくり休息をとりたかったが



日が暮れて、徐々に暗くなり始めている。いや、これからは一気に暗くなると安易に想像できたので



気温もグッと下がりすぎてたので、手を温めて感覚が戻ってきたら


やはりすぐに暗くなってきてるので、あまり長く休息をとらずしてトライ再開



中間部のガバで、少しばかり腕のハリを覚え


リップ手前のカチを捉えた時にはすでにだいぶよれを感じていた


そのことにより再び恐怖心が芽生えかけたが


吼えながら恐怖心をかき消し、思い切りランジ
e0259060_11193316.jpg


身体がしっかり伸びきりリップを捉える事ができ、無事完登。


有言実行の3トライ以内で落とせて良かった。ってか無事に生還できて良かった。


後はワカちゃんのトライをスポットに徹する
e0259060_11453658.jpg

あとはリップ取りのところで終了。時間切れで真っ暗に


イノトンも試しにトライしてたけど、中間部までいけず終了。ってか経験の高いスポッターが三人とはいえ、上部までいけなくて良かったと思う。マジで


そして真っ暗になったので宿へと引き返す

本日の宿は
e0259060_1152451.jpg

日之影温泉駅の、TR列車の宿(翌日の写真です)
e0259060_11534599.jpg

廃列車を改装して作られた素泊まりの宿。テンション上がります


隣には湯質の良い温泉があり、食事もとれて


〆にバースデイケーキ
e0259060_11572381.jpg

ユーリン、そして便乗したねぼすけ


おめでとう!!
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-13 13:00 | 宮崎 | Comments(0)

初登りツアー二日目

寝心地良く爆睡してたけど


アルコール(カクテル半分程ですけど何か?)のせいで中途覚醒した時、ウミンチュがうなされてた…


眠いから暖房あげてそのまま二度寝してからの朝
e0259060_2295534.jpg



外は寒すぎる…



ウミンチュは体調最悪みたいで戦線離脱…リードだから偶数で回したかったが仕方ない


かという僕も鼻水とまらん…





エリアは日当たり良好物件の杉田ロックとかも考えてたけど


とりあえず各自やりたいのも諸々ある2ルンゼとじゃろう岩を目指す


とりあえずアップでと行ったのが2ルンゼ



岩が寒すぎる



とりあえずアップがてら、鼻水止まらんし『象の鼻 11a』をオンサイトしようとトライ


e0259060_22245666.jpg

見ての通り、速攻テンション


寒すぎてホールドが痛いんです。


軟弱クライマーなんで各駅で手を温めながら抜けて二便目

e0259060_1511424.jpg

ルート名の由来であろう象の鼻コルネの上までかけ登ってカイロで手を温めて完登。



シノノとユーリンは隣の『奥の手10d』
e0259060_2332477.jpg

e0259060_2341931.jpg

二人とも寒すぎたんでしょうね。敗退してました


しかも三人で回すもんだから、登った後のビレイとかで身体が芯まで冷えちゃう感じ


鼻水もとまらん


2ルンゼは昼過ぎには日が当たるみたいだけど、とりあえずじゃろうに移動




なんとか日が当たる


ので二人は『よいではないか 12a』をやるっていうんで僕は派生ルート『御乱心 12b』をやる
e0259060_2394728.jpg

途中で派生するタイミング間違えたみたいで非常に悪かった。ってかやっぱり分からん。


シノノは

e0259060_23215625.jpg

初の12代に触れ、登れなかったが目標になった様子


ユーリンは
e0259060_23322992.jpg

リーチ的に厳しかった様子




久しぶりのリードはエリアのチョイスとか


アップとか本気トライで登り始めるタイミングとか



体調もさることながら勘も鈍ってたんで色々失敗だらけだったな


もうちょっとリードしなきゃと思いつつ帰路へ


ウミンチュは体調崩したままで食欲ないけど他の面子は食欲旺盛




ならば回転寿司だと量も調整できるしうどんならウミンチュも食べやすいと思いつつ、入店したのは良いが


夕食のゴールデンタイムなのに駐車場ガラガラ


しかも、入り口に「今週末で閉店します」と案内があった…



店員同士の仲もなんとなく悪そう



店内はお通夜かと思わす雰囲気



とりあえず、ウミンチュが食べれそうなうどんと、僕が欲しいと思ったあら煮を注文


あら煮は品切れって言われた…まだ7時なのに…


しかも回転されてる皿の間によくある『本日のおすすめ』の品が














杏仁豆腐







せめて寿司をおすすめしてほしい



と心から願った





あっウミンチュはインフルエンザでした。






お大事に
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-07 23:57 | 岡山 | Comments(2)

初登りは花崗岩

正月からずっと仕事だったのでずっと登れてなかったんだけど


ようやく休みが入った(年末年始でたったの2連休…)


夜勤明けでウミンチュ、シノノ軍曹、ユーリンとで橋を渡る
e0259060_13155848.jpg



みんな矢掛希望してたけど、ちょっと昼御飯タイムも含めて遊山をやらしてくれってお願いして

e0259060_7362745.jpg

今年のファーストタッチは『ファーストアンサー三級』で


e0259060_7384065.jpg

ほふく前進の如く登るシノノ軍曹


みんなしっかり再登して


各々は先に来て『テットータットー』を再登狙いでやってた登限峡のナリサンとセッション


僕はファーストアンサーを二回登ってから、充分に湿度を感じ『遊山』をする



e0259060_7443995.jpg

ふいに思い付いたムーブを試してみると


前回不安定だった部分が安定して、2トライ目で前回最高到達点まで安定して行けるようになった



しかし雨がぱらつき



ただでさえシケシケだった所でこの雨はないなと…結局五回も出さない内に撤収



そんななか、成果があったのは

e0259060_7484852.jpg


e0259060_749544.jpg

ウミンチュやったね


ユーリンは
e0259060_7503471.jpg

前回は全く出来なかったパートが出来てた


まぁ今後も一緒に遊山とテットータットーを攻めましょうや

e0259060_1317265.jpg

信号?





昼飯たべて先に矢掛に行ってた52さんに矢掛は降ってないと情報あったので移動



Uターンラッシュにまんまと巻き込まれ二時間かかってたけど…


流石は晴れの國、岡山県


時間もかなり厳しいんで、とりあえずマーシーがおすすめしてたという『ビンゴ 二級』をやる


e0259060_7551163.jpg

ビンゴをやるウミンチュと三級をやるユーリン


ユーリンはビンゴ横の三級登ったけど

e0259060_13235341.jpg

敗退


僕はスタンスの迷子になりかけたけど、自分なりに見つけたスタンスで完登。


あっ、シノノ曰くスタンスが欠けて登りにくくなってるみたいね



ユーリンはコンペで登れなかった『激おこぷんぷん丸 二級』をトライしにいく


e0259060_1525418.jpg

僕も登っておく

ユーリンはコンペの時に撃ち込んでた分
e0259060_1962573.jpg

割りと短い時間で完登



だいぶ時間もきてたんだけど、最後に福山組と親指くんをやりにいって普通に敗退



翌日に備えて備中へ



宿泊は平川。途中道路は雪に覆われてたけど、ノーマルタイヤで何とか到着(危ない)



しかもボイラーつけてもお風呂がめっちゃぬるま湯…ってか冷たかった(あとで検証した結果、ゆっくり出す方が良かったのかも?)


まんまと風邪をぶり返した僕と、まんまと体調崩したウミンチュ



そんななかでもねぼすけへ
e0259060_200379.jpg



メッセージ動画を送ってからシュラフで撃沈
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-06 21:00 | 岡山 | Comments(2)

2014年、岩場での主な成果

あけましておめでとうございます


昨年は皆様に絡んでもらえたおかげでたくさん岩場に出向けました


ということで


2014年の主な成果
初段以上
Rave V7(Bishop)
Fly boy sit V8(Bishop)
Go granny ho V7 FL(Bishop)
Water hazard V10(Bishop)
High Voltage 二段(HG)
追憶 三段(ニシ)
星霜 初段(ニシ)
トロメキスラブ初段+(愛媛)FA
オロナマントル 初段(西之川)
虎口竜穴 二段 (愛媛) FA
超雪月花 初/二段(フューチャー)
56の冒険 初段(フューチャー)
モスランジ 初段(戸河内)
ノロ 初段(戸河内)
COBRA 初段(戸河内)
ドクロ 初段 FL(戸河内)
キャッスルダイノ 初段(戸河内)
サザンカ 初段(戸河内)
かき氷 初段(奥吉野)
水軍 初段OS(広島某所)
ギャンブルダイレクト初段(王子)
ファイブトゥエルブ岩崎初段(王子)
ウーバ 二段(奥吉野)
エイプリルフール 初段FL(矢掛)
メイフライ初段(矢掛)
チリチリ丼初段(矢掛)
ツチノコ 二段(矢掛)
シシ神 初段(矢掛)
篤姫 初段(矢掛)
天弧 初段(矢掛)
パラダイムシフト 初段(矢掛)
カンタンダカラ 初段(比叡)


リード12以上
ナマコの涙 12a(本匠)
洛陽 13a(本匠)
岩魚道 12a(本匠)
アナコンダ 12b(帝釈)
婆沙羅 12c(大栃)
チェンジングレーン 13a(帝釈)
吹屋の娘 12c(備中)
女王様 12b(備中)
ビットマップ 12ab(備中)OS




昨年は故障を抱えていたこともあったので、グレードを追わないクライミングをした事もあり、純粋に岩登りを楽しめた。



でも、今年は最高グレードを押し上げたい


その前に、落とし損ねた課題を回収したいな


ということで


今年も絡んでください。よろしくお願いします。
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-01 10:00 | Comments(3)