ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ひとり遊山

花崗岩のシーズンは花粉の到来と共に終わりを告げようとしている


残っていた正月休みと年休消化(今年度一日もとってない)で、急遽4連休



『遊山 三段』をそろそろ落としたいので単身で挑む


いつものように『ファーストアンサー 三級』を二回登ってアップ完了


気温が上がりきる前に遊山トライ
e0259060_183439.jpg

上部のカチまでは八割くらいの割合で保持できるくらい安定しまくっている



しかし、そこからはねぼと同じムーブでは全く動けないので、


色々試す




試す




試す



すると、どんどん悪く感じていたバランスに慣れてきて



ふいにパズルのピースが埋まったかのように上部に突入



自分でも突然すぎてビックリして、不安定な体勢ではあるが、ここまで体があがれば




「マントルや!」と思い、左足を上げた途端



なかなかの滞空時間を感じたが



恐怖よりも悔しさのあまり叫び声が出てしまっていた


気がつくと猫パンしてて、爪も割れてて、指皮ゴッソリやられてて、手首も…


アチコチで流血



しかし、登れなかった悔しさと自分の傷の痛みよりも



手数を進めた事にじわじわと嬉しさが込み上げてきた



その後はテーピングで誤魔化しのトライをするが、失った皮は戻らず



日当たりもいいので日陰になる時間まで我慢してレスト



その間、一人妄想が膨らむ



(遊山もゴールが見えてきて、いよいよだなぁ。)


(次は何を求めて此処に来ようか?)



とか考えながらレスト



いよいよ、日陰になって、トライ再開



完登を意識して、動画なんか撮ってみたりして



e0259060_191586.jpg

見事に敗退しました


e0259060_19131071.jpg

またこの景色見に行くから!
[PR]

by field-of-spring | 2015-02-20 19:45 | 外岩 | Comments(2)

宴もたけなわ

考えてみれば、クライマーの挙式に呼ばれるのは初めて


トニーおめでとう
e0259060_23382380.jpg



幸せものめっ
e0259060_23384498.jpg

悪のりして
e0259060_2339237.jpg

すいませんでした




進行妨害
e0259060_2342390.jpg

すいませんでした





レモン酢
e0259060_23405754.jpg

すいました



アルコールが残る体で翌日は日ノ御子へ


とりあえずノーマットで『クノイチ 三級』をアップがてら登るユーリンを見たり
e0259060_23554062.jpg

カトちゃんはユーリンの声や体格の成長に驚いてた。


毎日見てるから僕はあまり気にならんけど、久しぶりだとそうなんだろうな。




そしてお目当ての『石の大木 二段』にワカちゃん、カトちゃんとお付き添いのバンビと僕とで波状攻撃
e0259060_23492512.jpg

カトパンがやると岩が小さく見えちゃうな


とりあえず感触を確かめつつトライ開始


1トライ目から核心が止まる気しかしなかったが、止まりかけてフォール


2トライ目で、核心の1手が一瞬止まったばっかりに


マットから外れてフォール



しかも岩に向かって右側の下地が悪くなってる所に落ちてしまった



が、そこは運よくというか、滞空時間もそこそこにあるため、上手くコントロール出来て無傷



そして4トライ目くらいで
e0259060_831970.jpg


e0259060_83482.jpg


トップアウトできた


嬉しいと言うより安堵な空気が僕を包み込んだ気がした。



その日はヅーミンも宿題の『猫招き 三級』を落とし、ワカちゃんも『石の大木』をしっかり完登

e0259060_871299.jpg


カトちゃんとバンビを残してユーリンのお目当ての『舞 一級』をしに移動


e0259060_835945.jpg

気合いの上裸


とりあえず「瞬殺する」って宣言してたけど、出だしと中間部と抜け(すなわち全部)で躓いていた



結構撃ち込んでたんで、強制レストをさせておいて、『石の大木』をしっかり落としたカトちゃんが到着



カトちゃんから気合い注入してもらってしばらくしたら


e0259060_8591087.jpg

今までで一番安定感のあるトライでトップアウト



その後は石舞台を後にし、他の愛媛勢が集結している火消し岩に移動



ここでは画像ないけど、タケシとバンビと一緒にとりあえず『炎SD 二段』セッション



2手目がどうしても止まらず指皮持っていかれて


まだやれていないヌメヌメの『フラッシュバック 二段』でお茶濁して



バンビがフラッシュバック敗退したあとすぐ疲れきった身体のラスイチトライで『鬼火消し 初段』を


リップ付近で指がつりながらも登りきるという素晴らしい登りを見せつけて終了


e0259060_9121140.jpg

ゆず庵での一枚


スタッフがトニーかと思った
[PR]

by field-of-spring | 2015-02-08 10:12 | 高知 | Comments(0)

冬ノ御子

諸事情にて、しばらくユーリンとの二人で生活。夜勤明けで帰ったら
e0259060_1419917.jpg


朝からプリン4つとポテチを食べるという暴挙。


先が思いやられると思いつつ


夜はねぼすけの家にお邪魔
e0259060_14211984.jpg

ご近所ワッキーも来て鍋とスマブラ


寝落ちした人は
e0259060_1425222.jpg

トラファルガーと腕時計の落書きの刑


朝起きてねぼすけとユーリンとで日ノ御子へ
e0259060_14264992.jpg

いい加減落としたい『石の大木 二段』は得意系と思いきや、核心の一手は大の苦手に気づいてど嵌まり


ねぼすけはフラッシュトライで核心を止める強さを見せたが、スッぽぬけフォール。


そのあとしばらく集中力が欠けていたが、しっかり完登


前日に天空登ってるし、つえーわ



僕はお昼ご飯食べてレストがてら、ユーリンの『イナズマ 二級』トライ
e0259060_19233555.jpg



普通の小学生にはちと刺激が強めなハイボールだが

e0259060_1925845.jpg


岩に慣れたユーリンはホールド確認とか、高めな所でフォールしてみて衝撃を確かめたりとか


無理やり感は全く感じさせない、ピタリとハマったムーブを披露し完登



そーいえばこの前には

e0259060_19315244.jpg

『猫招き 三級』もアップで2、3撃してたし…やりおる



このままでは成果ないのは僕だけ



ローカルのクライマーが『石の大木』をやってたのもあるので僕は留まり


ねぼすけは『I scream 二段』を、ユーリンは『舞 一級』をやりに移動


マットも増えたし、懐かしいクライマーとも会えたので
e0259060_1937551.jpg

ローカルのトライを見守りつつ


自分も集中してトライ


がやはりランジは止まらず



しかもレスト後の二回目のトライで指皮えぐられ


テーピングでガチガチにしても血が滲み、どうしようもないので終了


悔しい


仕方なくユーリンらと合流
e0259060_19402012.jpg

石舞台はジム状態


ねぼすけは『I scream』をしっかりお持ち帰り。



ユーリンはムーブをなんとかばらし、後は繋げるだけ


僕はもちろん、ユーリンも悔しかったらしく



来週土曜も日ノ御子入りを決意した(誰か行きませんか?)



そーいえばワッキーの落書きはどうなったんだろうと少しだけ気になりながら帰路についた
[PR]

by field-of-spring | 2015-02-02 20:05 | 高知 | Comments(2)