ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


スタートラインは三段

という名言をハヤティからいただいたので美川へ


e0259060_22294369.jpg


e0259060_22294489.jpg


e0259060_22294409.jpg


てっちゃんの丸パクリ芸

e0259060_22294446.jpg



ハヤティは面白いヤツだ。





だけどリップ保持がゴールと勘違いしてるのかもしれない

e0259060_22294440.jpg


マントル返さなくても満足感あふれるクリーニング。






あっ、僕は散々だった『審美眼』の核心部の練習が最終的に7割くらいで止めれる感じになった。





下からだと審美のスタートで既にチョーク切れてるんだけどね。




狙いは夕方だなー。
[PR]

by field-of-spring | 2015-04-28 22:31 | 愛媛 | Comments(2)

ジャメヴ

アッセントレイのメンバーを中心に平日岩の会に馳せ参じる




今回はフューチャーエリアへ行くとのこと




あまり集まることのないメンバーで、幾度となく訪れたこのエリアの見慣れたアプローチをこなし、見慣れた巨岩達と対面する

e0259060_10084254.jpg



e0259060_10084365.jpg



e0259060_10084342.jpg



e0259060_10084354.jpg



e0259060_10084310.jpg



岩は若干ヌメる気候になったが、外で過ごすには心地好い気候




正直このエリアでは、僕の実力で落とせるものは既に終わらせている感があったので、やるなら『ストイシズム SD 四段?』『冥王3/4段?』をやるしかなくなってるのでやることに

e0259060_10084320.jpg

ムーブはほぼ解決して『ストイシズム SD』を繋げにかかるオズマ。


イッチーは『ストイシズム 三段』
e0259060_10084455.jpg

二人とも良い感触



だが二人とも敗退。ムーブばらしている間にヨレた様子



僕も 『ストイシズム SD』『冥王』を話のネタに頑張ってみる




が、登攀意欲を削がれるくらい悪い。





ってか僕が弱いだけなんだけどね…





こりゃあかんわーってなって





夜勤絡みなんで結構まったりして昼寝したり




思い出に浸りながら、自分にとっての初めての二段、初めての三段を落とすために何度もここに訪れたなーって感慨深く追想したりしてると




今日の自分は落第点。何かしら得たい気持ちになって








ずっと気になっていたライン『リバーオブサンズ』を登ることに







この課題は、今回のブログで一番最初にアップした画像の右側の岩であり




このエリアで一番大きく存在感のある岩








直登するわけでなく、クラックに沿って右上して、少し低くなっている所を抜けるのだが



それでも下手に落ちると三途の川を渡りかねない『リバーオブサンズ』





まぁ今回はマットもたくさんあるのでそこまで大袈裟ではないんだが…




ということでイッチーを唆し、一緒にトライ




グレードもついてない課題なので、内容もあえて伏せるが、ヨレてる僕とイッチーにはしんどい課題であったが



e0259060_10403504.jpg


僕はなんとか抜けることが出来た







そこから観るフューチャーの景色は、今まで何度も通い、見慣れたエリアであったはずだが






全く別の所に来たかのような錯覚をえた





登れて良かった。







[PR]

by field-of-spring | 2015-04-23 18:05 | 高知 | Comments(0)

雨降って、紐の意思固まる

朝早くから雨降っていたので、岩場は中止してたのだけど



晴れ間もみえて路面も乾いてきてるし、意見が一致したK、ジョニデ、デンチュウ、ユーリンとで美川方面へ


e0259060_22130884.jpg


e0259060_22130882.jpg


e0259060_22130833.jpg


e0259060_22130836.jpg


e0259060_22130879.jpg


一つおかしいのがあるけど、完登者なし。湿気てる上にものの数トライで予報を裏切らない雨。日本の天気予報はやっぱり正確だなー

e0259060_22130906.jpg


審美眼の岩で雨宿りしながらランチ



んで
e0259060_22130953.jpg


今回同伴してた二回生らを軽く指導がてら
e0259060_22294984.jpg


e0259060_22130974.jpg

アッセントレイでリード






ということで、めちゃパンプした






ボルダーではここまでパンプしないよなー






リードも本気でしなきゃ


[PR]

by field-of-spring | 2015-04-20 06:54 | 人工壁 | Comments(0)

空回り

時差ボケは睡眠については全く問題なく過ごせているんだけど、大きい方の排泄のタイミングが向こうの朝のままになって10日間は過ぎてしまった。腸内環境フランスなう





さて昨夜、夜中に仕事から帰り、まさに草木も眠る丑三つ時



寝相悪く爆睡しているユーリンの布団を直していたら



急に白目むいてプルプル震えながら半分起き上がろうとしていて




なんかがユーリンに憑依したんかと思ってビビっていたら



寝ながらの死神が発動(いわゆる寝屁)したとたん、白目が直り、再び眠りにつくという怪奇現象があった。





朝イチでユーリンに確認したら、全く覚えがないという。




おかげでこっちは怖くて3時間ほどしか眠れず。








さてそろそろ家から1時間程で着いちゃう三段なんだから落とさなきゃいけないな!の『審美眼』をしに、てっちゃんと別便のワッキーとで美川へ




岩からまるっきり離れていたてっちゃんは『ノニウス 一級』ですらチキっていて危うい感じになっていたけど




スロースターターなんで少しずつエンジンかかって、なんとか二年ぶりの再登。やっと『審美』に向き合えるね

e0259060_16533531.jpg

かつての自分を取り戻した姿



そして、ウサギについてものすごく熱く語ってから、一人でツボっていたあと




『審美』のムーブを少しずつばらしていた。



e0259060_16533538.jpg

かつてのジョイトイを超えた男



遅れて到着したワッキーは『審美』をあとは繋げるだけなのだが





ウサギについて熱く語りすぎた鉄の男のせいで、気温上がりすぎのヌメりすぎて苦戦


e0259060_16533673.jpg

登るメガネとスポッてるメガネ







二人ともメガネのCMの声がかかりそうなくらいメガネを光らせていたけど完登までは至らず。




あっ、僕は核心部まで行くと指先の肌色が丸見えになってどーにもこーにも



核心部だけやってみても、ムーブを思い出すだけになって終了。落とす気満々だったのに空回り




夕方の気温が下がるまで待ちたかったのだが、16時から会議あるので早めに撤収。ワッキー居残り





岩帰りで泥々の汗まみれで職場着



疲労で眠気マックスだったけど、気持ち切り替えてスイッチいれて、資料をしっかり目を通して








いざ会議室に入る







すると


「会議のメンバーじゃないよ、今日来なくてもいいよ」の一言





空回りばっかりの日だったけど






職場に行ったら行ったで、これまた予期せぬ良い空回りもあり





登れなかったけど、なんとなく数奇でハッピーな1日だった






















[PR]

by field-of-spring | 2015-04-16 17:16 | 愛媛 | Comments(0)

Fontainebleau 最終日

さて、いよいよやってきてしまった最終日。天候に嫌われてきた事もあるが目標してた課題がまだまだ登れていない。


その最終日、天気予報を裏切るように朝から雨。今日は晴れの予報だったのにー。


少しの晴れ間に期待して、乾きやすいエリアであるCul de Chienに行く
e0259060_02301825.jpg

ユーリンお目当て の Le Toit du Cul de Chienは核心のポケットから雫が落ちてる。


残念だ


もう絶望的だが、次回を夢見て念のために課題の在処を確認にキュビエへ
e0259060_02301809.jpg

BIG4も触りたかったな

e0259060_02301907.jpg

『Big boss 7c』は島根のビッグボスに会った時のネタとしてやりたかった。ってかカッコ良かったし、登れるイメージしか沸かなかった。負け惜しみじゃない。残念だ

e0259060_02301940.jpg


ホールドにエスカルゴ?


そーいえばエスカルゴ食べてないな。次きたら食べよう。


e0259060_02301964.jpg

フォンテーヌブローにUターンしたい。の気持ちがこもった一枚



現実が待ってるので、Uターンはいつか来る日を夢見て空港へと車を走らせる




シャルル・ド・ゴール空港へ戻り、車を返却。オービスにやられたって言うと「後で請求来ると思うよ。ネットで払える…」らしい事を言うてた。オーストラリアの時と似た感じかな?


しかし最終日に3時間程登る為に1日余分にレンタルしたのに……しかもスピード違反のおまけつき。残念だ。まぁ慣れない土地で事故はなかったので良かったと思うしかないか。



さて、今度は少し不安な飛行機のチェックイン。マットが安いんで、頼まれてた分プラス一枚自分用に購入したけど


ターキッシュエアラインは重さを測って、個数は何個でも預けれるってな感じ。マット4枚とスーツケース2つあったけど課金なく安心した。


しかし空港はめちゃ広い。どこ行けば良いか迷う。ターキッシュの受付までもシャトルでの移動もある。ややこしいから早く着いて良かった。
e0259060_02301939.jpg

ユーリンも英語で道聞いてくれたりと…少しは成長したな。



そして少しばかり遅れてトルコに到着。飛行機からの夜景がめちゃ綺麗だった

e0259060_02301915.jpg

トランジットで3時間。コーラ1缶4ユーロは高いな。



そして無事関空着。
e0259060_02302046.jpg

楽しているユーリンの顔がムカつく





ブローでの成果
7a以上
La Barre Fixe 7b+
Le Toit du Cul de Chien 7a
Le Toit aux Grattons 7b
Graviton 7a
Supplément d'Armes 7b
La Joker 7a
Magic bus7b+ FL


僕はフラッシュグレード更新したのがお土産ぐらい。ジメジメした状態の中で少しでも登れたのは頑張った方だと思うが、正直不完全燃焼。


ユーリンは7a以上はゼロ。コンディション悪いから少しグレード落として何か登ればと僕から伝えたが、「いや、登りたいのをやる!」と自分の限界グレードを追う姿は、成果がなくても正直僕よりもクライマーとして上だ。見習わなきゃな。








今まで何故か、自分の中でヨーロッパはミーハーな感じがして敬遠してたけど、治安の悪さやトイレ事情等々差し引いてもフランスは良いところだった。



雨は降らない日はなかったけど、乾くのは早いから、毎日登れる課題を探した。登りたいのは湿気ていたこともあったけど、岩場のバリエーション、ムーブの多種多様さは今まで僕が訪れた中で最高の岩場だったと思う。砂岩スゴイ!ブローのボルダーすごいわ!





年を重ねるに連れて守りに入りがちだけど、僕にとって冒険しようとする気持ちをくれるのは、やはりクライミングを通してだ。



クライミングやってて良かった。





次の海外は、うまくいけば三年後かな?


[PR]

by field-of-spring | 2015-04-10 09:27 | Fontainebleau | Comments(2)

Fontainebleau day7

疲れがたまってるせいか、口角にヘルペスできてる。


ユーリンはモノスがいい感じだし、僕もリップまでいってたので、夜も降ってたけど、朝イチは雨やんでるしButhiersへ
e0259060_06373911.jpg


e0259060_06374023.jpg


でもリップがものすごく濡れてて、フキフキしてトライしたけど、やっぱり今日もダメでした


やはり今日も雨がかなり降るし観光へ。ちょっと足を伸ばしてロワール地方へ古城巡り。

e0259060_06374065.jpg


e0259060_06374002.jpg



e0259060_06374104.jpg


e0259060_06544556.jpg

この綺麗な町でも、ふと町外れを見ると


自転車を盗もうと無理やりチェーンを切ろうとしている輩がいた。人も結構いたのに怖い怖い。結局諦めてたけど…



気を取り直して観光再開

e0259060_06544533.jpg


e0259060_06374101.jpg


ユーリンも思春期突入か?

e0259060_06374153.jpg


かんちょー

e0259060_06544510.jpg


e0259060_06544622.jpg


e0259060_06544603.jpg


e0259060_06544683.jpg


e0259060_06544620.jpg


e0259060_06544679.jpg


e0259060_06544725.jpg


観光しにきたワケではない。が、素晴らしい建造物に目を奪われた。

[PR]

by field-of-spring | 2015-04-09 02:18 | Fontainebleau | Comments(0)

Fontainebleau day6

天気予報では雨。だが、雲で空は覆われてるけど、夜は雨降らなかったみたいで路面は濡れてない。



ブローは天気予報当たらなすぎて、もうワケわからん。昨日の登りで左の中指が出血して、更に化膿してるけど、抗生剤と解熱鎮痛剤飲んで、地図上ではブロー市内から一番遠いButhiersというエリアを目指す

e0259060_23013816.jpg

ちょっと小雨パラついたりやんだりしたけど気にせず車を走らせる



アプローチはめちゃ近いし、人もさほど多すぎず…近くには自然の家的な研修施設みたいなところがあり、テニスコートやトライアルコースの真横が岩、といったエリアだった。



とりあえずよく名前を聞く『Magic Bus 7b+』
e0259060_23013861.jpg

ルーフ。ガバだが向きが悪く体幹の強さを必要とする課題。


僕の身体にピタリとはまる感じで
e0259060_23013845.jpg


楽々とFL



実は二段一撃は初めてなのでグレード更新して嬉しかったりもする。7b+もあるんかなー?



その後ユーリンもトライ

e0259060_23013805.jpg


何度かやってみるが、核心がやはり苦手。ルーフはダメだなー。


7cを数本落としてるといってたでかいフランス人も苦戦してた。こうみるとやっぱり悪いんだな。ユーリンとセッションしてたけど、でかいと足が着いたりしてたから、不利なんだろーね。


ユーリンほったらかしにしといて、他の課題チェック。


気になる課題は人に聞いたり、トポ見て発見。改めて思ったが、ブローは課題探しが大変で、よく迷うと聞いていたけど



今回のツアーで、駐車場すら間違えず、課題発見までがスムーズすぎる。嬉しい誤算です。



ある程度すると、ユーリンはマジックバス敗退宣言してて、お昼ご飯を調達に、近くのMalesherbesって町へ

e0259060_23013992.jpg


ちょっとした町の一コマも絵になるのがフランスです。

e0259060_23013989.jpg


ユーリンがチョイスしたピザ。かなり美味かった。


お店の人はフランス語しかできないけど、何とかコミュニケーションとれた



テレビもチャンネルかえて、日本アニメのワンピースにしてくれたりした



フランス語を流暢にしゃべるウソップに違和感あったけど


ブルックはヨホホホーばかり言うてたからあまり違和感なかった。




お腹いっぱいになったところで『Les Monos 7a』をやりたいというユーリンに付き合う

e0259060_23013925.jpg


まさにポケット課題。


僕もやってみたが、中指テーピングで保護ってたからか、全く出来ない。



ユーリンの方が、二手目のポケットを先に止めるようになったので



焦ってテーピングを外して本気トライする事にした



すぐに二手目を止めるようになったが

e0259060_05595391.jpg


結局核心越えたと思ったらリップがビチョビチョになってて、雨足がドンドン強まり強制終了。




帰り際に芸術の町、Barbizon観光
e0259060_23013999.jpg


町に絵がたくさん

e0259060_05595475.jpg


登れないので不機嫌


e0259060_05595415.jpg

これも芸術?


ちょっと晴れたので、一応Apremont視察
e0259060_05595412.jpg



ユーリンお目当ての『Crazy horse 7b』

e0259060_06155717.jpg

ビチョビチョ


また雨降ったので、ボルダーするのは今日は完璧諦めて仕方なくフォンテーヌブローの市内観光
e0259060_06155784.jpg


e0259060_06155779.jpg


e0259060_06155781.jpg


春になると降水量減るって情報だったのになー。まともに勝負させてもらえん



あと2日、晴れてくれー

[PR]

by field-of-spring | 2015-04-08 07:05 | Fontainebleau | Comments(0)

Fontainebleau day5

今日は朝から路面濡れてなく晴れてる!テンション上がりまくり。



今回のブローでのボルダーツアーで、僕が目標にしている課題があるエリア、Rocher Gréauへ

e0259060_22560661.jpg

ここのエリアは学校の入口横に駐車場があってアプローチもすぐ。格好いい課題も多い。



とりあえずアップに何をするか迷ったけど、急に雲行き怪しくなったので、早速ハードなやつからやることにした

『Supplément d'Armes 7b』
e0259060_23511761.jpg


ヒールを駆使してカンテを抜けて緊張感のあるフェイスを登るライン


正直、僕の実力ではアップには適してないグレードだが頑張る



ホールド間隔はさほど遠くなく、数回で核心も突破


と思ったら雨は降るわユーリンがちょっとばっかりマットを早く動かすわで


びびって降りる




とりあえず雨が止んで乾いた頃を見計らってからその次のトライでいけた。
e0259060_23542233.jpg

登りがいのある課題だった


その後は今回のツアーでの目標にしている課題


『Tigre et Dragon 8a』
e0259060_23472176.jpg

実物見たら、想像していた以上に被ってる。ルーフカンテですな。


早速念入りにホールド確認してトライ


が、思っていた以上にホールドに距離感がある。



何度かトライして気付いた。ってか分かってはいたが




この課題は僕のレベルでは一日撃ち込んで登れる課題ではなさそう。




天気予報からも、天候は味方してくれそうもないし、何日もトライ出来そうもない。



登りたいのは他にもたくさんあるし、この状況で撃ち込むのは厳しいと判断し、目標に背を向けてしまった。



情けない。と思いながら別の気になる課題をやる


『Les Conquistadores 7b』
e0259060_23511726.jpg


垂壁カチ課題。慣れない砂岩のカチに慣れてきた頃には、僕の身体が…ってか指が終わってきて敗退。『Tigre et Dragon』で溜まった疲労も大きく、 リップ手前までいったけど…一緒にトライしてたスペイン人がマントルで落ちたのを見て心が折れた。





ユーリンはエビフライ集め。ブローの森ではいくらでも落ちてます(嘘)
e0259060_23472275.jpg

フォンテーヌブローには巨人がいて
e0259060_00014877.jpg


エビフライを食べさせてくれます(大嘘)





他のエリアも見たいんで、Petit Boisというエリアに移動。 Rocher Gréauから車で三分かからないかなー?くらいの距離で近い。


しかし、もう疲労感ヘロヘロ



クジラの課題

La Baleine 7a
e0259060_23472234.jpg


敗退



改めてだけど僕はスローパーの弱すぎ。



『La Cruxi-Fiction 6c』
e0259060_23472259.jpg

フルリーチでギリギリ。


手数少な目だけど、マントルもなかなか気が抜けず、意外にいい課題だった。


『Big Jim 6c』
e0259060_23472246.jpg

垂壁ポケットハイボール。


この手数でパンプしてしまうくらいヨレヨレ。敗退。



もはや自分の弱さに情けなくなってきてユーリンの希望もあり、ブローに戻りつつCuvierへ

e0259060_23472255.jpg

『La Joker 7a』

出たばかりのロクスノにも載ってた課題。ホールドの向き悪く、バランシーな素晴らしいライン。
e0259060_23472333.jpg

僕は移動でレスト出来たおかげで4撃。


ユーリンは敗退し、終了。


その後、いつもは夕食とかはCarrefour Marketで調達してたけど
e0259060_23472343.jpg



この日はホテル近くの中華料理バイキング。一人18ユーロで好きなだけ食べ放題。肉や魚介類を目の前で焼いてくれる。白髪のメガネのおっちゃんは英語できるし、優しかったなー。
e0259060_23472336.jpg

米も肉もたくさん!やっぱり日本人は米だなー。今回のツアーで一番美味かったと思う


e0259060_23472408.jpg

しかし、今回のツアーで一番美味しかったのが中華って…




[PR]

by field-of-spring | 2015-04-06 11:19 | Fontainebleau | Comments(0)

Fontainebleau day4

やっぱり夜通し降ったみたいで路面濡れてる。毎日だなー。


しゃーないのでパリにでもいこか

e0259060_01062855.jpg

e0259060_01062809.jpg

e0259060_01062909.jpg


e0259060_01062934.jpg

セーヌ川より西之川の方が綺麗

e0259060_01062930.jpg

買い物
e0259060_01062986.jpg

e0259060_19254602.jpg


試し登り
e0259060_19335109.jpg

ケバブ好き






雨もやんだし、とりあえず乾き早いエリアを目指してCul de Chienへ行き、ユーリンの前日宿題となっている 『Le Toit du Cul de Chien 7a』のトライを見守る
e0259060_01063071.jpg

e0259060_19254769.jpg

惜しいトライが続くが、ランジが届かない。


ユーリンはルーフ苦手にランジ苦手という二拍子そろってるので大苦戦


それでもこの格好いいラインを登りたいのだろう。必死で取り付く。


他にもエリアを廻りたいし、この課題をやるのは今日がラストチャンスだと予め伝えていたので


夕暮れに近づいてくるにつれ、ユーリンの焦燥感が伝わってくる。



結局ランジは止まることなく、夕暮れのタイムリミットがきて、ユーリンは悔し泣きしながらこの課題を後にした。



帰り際に瞬殺するからと僕はワガママ言って

e0259060_19413774.jpg


Roche aux Sabots エリアで昨日雨天敗退してた『Graviton 7a』を本日一便目で有言実行して終了


[PR]

by field-of-spring | 2015-04-05 00:45 | Fontainebleau | Comments(0)

Fontainebleau day3

登れないフラストレーションが強すぎて、今日は雨のなかでも登るぞ!と意気込んで朝からパンを購入
e0259060_15054070.jpg

ユーリンもフランス流の道路の横断を真似してます



路面は濡れてるけど出発


 とりあえず乾きやすいと情報あるエリアのElephantへ

e0259060_15054078.jpg

タオルで拭きながら登るけど、6以上は濡れてたら厳しい


でも、青空広がってきて、風吹いてみるみる乾きだす


とりあえず色々みて『La Barre Fixe 7b+』が乾いてるのでトライ


の前に日本では馴染まないエナジードリンク
Psychic
e0259060_06142600.jpg



ユーリンはお馴染みラーコ

『La Barre Fixe 7b+』はシットスタートで、初手核心の課題


朝イチでなかなかだったけど、身体暖まってきて気合いで一手目止めて
e0259060_15054116.jpg

上部はガバガバで気持ち良く、そのままトップアウト。

その後、このエリアの由来である『 Le Surplomb de l'Éléphant 6a』を
e0259060_15054270.jpg

僕、ユーリン共に登る。象の右の前足の部分と言えばいいのか?その辺を登って6a。他にも簡単なラインも多いみたい。

グレードはあれだけど高めだし、クライムダウンができた方がいい。


その後すぐエリア移動


Cul de Chienへ


アプローチ遠いと聞いていたけど、20分あれば着くし、そこまできつくはなかった。


寧ろ森のアプローチから広々とした砂漠に変わる何とも不思議なアプローチだった。
e0259060_15054240.jpg

ビルボケ様は柵で守られてます



そして、やりたかった人気課題の『Le Toit du Cul de Chien 7a』
e0259060_15054223.jpg

画像はユーリン


僕はしっかりFL。素晴らしい課題だ


ユーリンはこのカッコイイ課題に撃ち込む事にしたみたい
e0259060_15054343.jpg


んで、僕は時間あるんでとなりの危険表記の『!』がついている『 Le Toit aux Grattons 7b』をやることに
e0259060_15054397.jpg

四撃くらいだったけど、シャープなカチカチ課題だったので、足がきれたら指皮もっていかれる感じだった。すぐ落とせて良かった。


その後、『Arabesque 7b+』と『Éclipse 7c』をやりにいく

e0259060_15054350.jpg

なんと『Arabesque 7b+』は僕の短い足ではニーバーがきまらないことに気付き、すぐ諦めた。


『Éclipse 7c』は全く無理な事はない。寧ろリップ取りまで三トライ目くらいでいけたのだが、そのリップの距離感が僕的にめちゃ撃ち込まなきゃ無理だと思い、時間的にも諦めて


ユーリンのスポットに徹する



ユーリンは『Le Toit du Cul de Chien 7a』の核心であるルーフ抜け口にある左手ポケットはとれてるので、もう行けるやろな感じになってたけど、登りきれず、雲行き怪しいし終了

e0259060_06142730.jpg


帰り道にある駐車場から3分ほどで着くエリア、Roche aux Sabotsで僕が少しだけ触ろうと『Graviton 7a』をしようとしたら一気に雨。
e0259060_06010221.jpg


リップが濡れすぎて1トライでやめて終了。


フランス来て初めてまともに登れて良かった。
[PR]

by field-of-spring | 2015-04-03 06:12 | Fontainebleau | Comments(2)