ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


染みだし明戸岩

ユーリンと一回生のなべちゃんとで色々考慮した結果、明戸岩へ行くことに



なべちゃんは愛大生では珍しくリード大好きクライマー。貴重な人材だ。



とりあえず岩場に行く道中も雨が降ったりやんだりで嫌な予感してたけど、岩場に着いたら、やはり染みだしがあちこちと…



何とかやれそうな『おっぱい星人 10c』に僕がテンションかけながら何とかヌンチャクかけて
e0259060_18232800.jpg

ユーリン、なべちゃん共々苦戦。状態は最悪と言ってもいいであろう。



僕も必死で二便目に再登。普通に11後半は余裕であるよなーと思ったのは状態があれだからだと言うことにしておこう。



登ってる途中でもめっちゃ雨振りだしたんで、早々に撤収。道路も水溜まりがスゴいことになってるし、こりゃひどいなーと思って松山着いたらカンカンの日照り。どーなってんの?



まーそんなこんなで、改めて帝釈は奇跡的な岩場なんだなーって思った。
[PR]

by field-of-spring | 2015-07-30 18:18 | 高知 | Comments(0)

バッチ…帝釈に散る

いや、さすがにお亡くなりになったわけではないんだけど、バッチが連休を利用して関西から帰松


水上大好き、濡れるの大好きバッチの希望もあり、河原で水上課題とかボルダーしに行くつもりだったけど



台風一過の言葉の意味もなく、朝起きたら雨。台風の影響で増水もあり得るし、バッチは嫌がるけど帝釈でリード



急遽ボルダーからリードに変わったせいで、メンバーはバッチ、シノノ軍曹、ユーリン、僕と半分になり、武蔵もボルダーしか準備せずに松山来てたみたいだけど、集合場所向かう途中で武蔵から「ハーネス手に入れました」のメッセージを見たバッチは「手作りのハーネスですかね?」とか「素肌にマジックでハーネスを書いただけかも?」とか先輩をバカにしすぎるのも程々にしとけよと思いながら合流。しかも梅ちゃんまで急遽駆けつけてくれた
e0259060_18584255.jpg

奈落の底へようこそ。岩場到着は夜勤明けだったので2時過ぎ。



バッチ「世の中にはボルダーしかないんです。短いボルダーか長いボルダーか…今日は長いやつ…」とか言って、意味が分かるような分からんような事を言うてた
e0259060_18562052.jpg

『いただきます 11a』に僕がヌンチャクかけたあとで登っていたけど、バッチの周りだけ震度5くらい揺れてるんじゃないのか?と思うくらいミシン踏みまくってテンションかけまくって終了点へ



バッチは2便だしたけど「カチが悪すぎて痛すぎて、自分の手が痺れておかしくなった」とか言うてたけど、そんなカチないだろ!と一級まで落としてるクライマーとは思えない登りで敗退して「リードはこりごりです」と相変わらずチキンっぷりを拝むことが出来て良かった。



人って変わるけど、バッチは変わらないね



シノノ軍曹は
e0259060_10000237.jpg

『いただきます』をFL。素晴らしい。久しぶりに一緒に岩場行くけど確実に力つけてる感じがした。人って変わるね。



ユーリンは『バラクーダ 12a』敗退。時間もおしてたんで長々とはしなかったけど、気持ちが入らない感じ。遊びに来てただけやな。



そして武蔵は
e0259060_10000461.jpg

ようやく『バラクーダ』をRP。長いのは本当に苦手っぽいが、これでようやく備中に向けて気持ちが入るかな?おめでとう



僕は『バラクーダ』をオンサイト狙いによい季節までとっておきたかったけど、ユーリンのビレイとか色々しているうちにみてしまったし、武蔵のトライも見てたしフラッシュ狙いで取りつく

e0259060_10000708.jpg

左側には手がしびれてるバッチがいます。もう二度とリードはしたくないそうです。チキンです。



『バラクーダ』はとにかくムーブが多彩。フラッシュなんてとんでもなかった。体感ではたしかに『しゃくとり…』の方が悪いけど、バラクーダは一撃とかしにくいルートだなと思った。ホールドと手順が分かっていたら…な感じ

e0259060_10000983.jpg

ということで、安定の二撃。時間もおしてたんで急いでトライしたから結構疲れたが、すごく良いルートだった。



いつものように温泉とラーメンで癒され、バッチには僕らも関西行ったらよろしくと告げて、暫しのお別れ。



長物もしとけよ!
[PR]

by field-of-spring | 2015-07-23 18:42 | 広島 | Comments(4)

狙いは『しゃくとり大先生』

予定はタイトルの通り。メンバーはねぼすけとユーリンと僕。本当はリード三人って効率良くないけど、みんな都合あわなくて奇数で帝釈へ。



改めてこのアプローチに毎度荷物担いで通ってくれるユーリンはなかなかタフだと思う。だいぶ慣れたせいか、「第一道場はイヤだー」とも言わなくなった



さて、とりあえず僕とユーリンは『いただきます 11a』でアップ
e0259060_13165010.jpg

ネボは
e0259060_13165308.jpg

『しゃくとり大先生 12c』のヌンガケしつつアップ



ねぼすけはもちろん前回敗退していた『しゃくとり大先生』RP狙い。僕も前回ネボが登るのを真横で写真で取りまくった上に情報も得たので今回フラッシュ狙いで『しゃくとり大先生』をやる



慎重にオブザベして、ねぼすけにムーブ聞いたり状態とか聞いたりするけど、部分的にコルネ濡れてるけど大丈夫とかちょっと残念な情報を聞く。



このあとはオンサイト狙いの人はあまり見ない方がいいかも?








ねぼすけ情報だと、核心手前でガッツリレストでき、核心部はかなり悪くホールドが遠い、しかしそこを乗り越えるとその後はイージーみたい



まぁムーブみてたし、なんとかがんばってみようとトライ



ホントに下部はガバガバ



で、核心部手前にちょっとしたムーブあったんで、この気温と湿度やからやヌメる。けど、核心手前のコルネでレストしまくる。



いざ、核心のムーブを起こそうとしたけど、明らかにねぼすけムーブは遠すぎて無理なのがすぐに理解出来たので、いままでの経験にものを言わせて核心突破



んで、あとは棚で休んでイージームーブと聞いていたが



棚で全くレストできん。どうやら僕は、ねぼすけは届いてた右足のスタンスに届いてないようで(足短くてすいません)レスト出来てない…てかむしろ腕張ってきてるけど一か八かで突っ込んでみたら、予想していた通り、ホールドを持っている感覚がないくらいパンプしてフラッシュ失敗



ねぼに散々バカにされた後
e0259060_13165541.jpg

ねぼは余裕のRP



とりあえず悔しいけどとしっかりレストとってからの『しゃくとり』二便目



これが一撃と二撃の差だよなーって思うくらい楽々に核心越えて、その後の棚ではあまり長くレストせずにチョークアップする程度にし、そのまま抜けて



あとは終了点まで約2~3メートルくらい?といったところで、まさかの濡れたコルネが更に染みだしが酷くなっていて、保持した瞬間に左手スッポ抜け



下から見たら(ってか自分が一番分かってたけど)左半身は完全にフォール体勢だった



しかし気合いで持ち直し



濡れたコルネはもう使う気にもなれんし、とてもチョークアップとかする余裕もない。手は一瞬だけ水気をズボンで拭き取って、核心部と同様くらいに悪いカチってかホールドあんの?みたいなところで無理やりガストン保持して無理やり突破。



焦りまくったけど無事に終了点クリップ



自分でもびっくりするくらい機転のきいた一瞬の出来事。野球でいうところのノーアウト満塁のピンチをトリプルプレーでピンチから抜けきったくらいのファインプレーだと心の中で自画自賛して下に降りたら



ねぼすけは「あんなのできるなら一撃すれば良かったのに…」とフラッシュ出来なかった事をまだ弄ってくる



す、すいませんでした。おっしゃる通りです





あとは
e0259060_13165780.jpg

ユーリンの『バラクーダ』MOSトライは途中敗退とか、ネボの『レッツゴー三匹』のムーブ解決とかするのをみて、やっぱり悪そうだと改めて知り




備中清掃行けなかった分、ホントに気持ちばかりの第一道場アプローチの草引きしたり
e0259060_13165849.jpg

貸し切り天国に寄ってから、尾道ラーメソで満腹になって終了



リード三人は能率あまり良くないけど、しゃくとり大先生は一撃出来ず悔やまれるトライでもあったけど、今回もすっごく楽しかった事は間違いない。



やっぱり岩場のリードの達成感は格別だと思う


[PR]

by field-of-spring | 2015-07-15 07:51 | 広島 | Comments(2)