ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


タイ day4~5

もうクライミングネタはないです
e0259060_21532381.jpg

タイガーケイブテンプル(だったと思う)の入り口までバイクで行くのが精一杯で、あとはお高い(僕にとって)ホテルチェックアウトして、別のホテルまで移動。ソンテウを利用してみた。一人50バーツだったかな?



今回はクラビタウンに二泊するようにしてたので、ずっとそこでチェックインして休息。
e0259060_21533015.jpg

作りは古いホテルだったけど、リラックスできた。とにかくここでほぼ丸二日間寝た



理由はゲロッペでゲリッペ。
e0259060_21533838.jpg

薬局はそこらにあったので、症状伝えて薬を買って飲んだけど、二日間で治った?のは早いのか遅いのかよく分からない。




熱は出るし、ご飯は喉とおらないし、水分摂るのが精一杯。生き地獄だった。




クライミングどころか軽く生命の危機を感じた。

[PR]

by field-of-spring | 2015-12-31 21:37 | Thailand | Comments(0)

タイクラ day3

今日も早朝クライミング。記憶がちょっと曖昧になりつつあるけど、とりあえず今夜はアオナンで宿泊予定なのでお昼までの予定



ダムズキッチンでユーリンが『Mai Mee Fahn 7a+』をマスターでトライ



1クリップしただけで2クリップ目がかけれないからと選手交替し、僕がほぼマスターオンサイトのFL。
e0259060_14075612.jpg




ユーリンは結局三撃



この日はF本さんとTeraさん、そして鳥取の方々と少しだけ絡んだ。もっと一緒に行動できたら良かったのだが、予定あったから仕方ない




そのあとはトンサイウォールで7c以上のものを物色したけど、どれも悪い。ってか流石に三日目だから体が重い。



昼過ぎにはアオナンへ

e0259060_14242507.jpg


ファミマ入り口にある観光案内のやしろ優がめっちゃ日焼けしたようなねーちゃんにバイクをオーダーし、5分ほど待ったらスクーター到着。24時間で250バーツなり。パスポートは預けなきゃいけない。



荷物を少しずつ移動する為に、ビーチ、ホテル間を三往復くらいしてホテルにチェックインしてアオナン周辺を観光
e0259060_14243004.jpg

バイク
e0259060_14243793.jpg

地元スーパー
e0259060_14244279.jpg

e0259060_18092061.jpg

腹へって白目
e0259060_14244974.jpg

e0259060_14245464.jpg

満足して白目
e0259060_14250080.jpg

e0259060_14250599.jpg

e0259060_14251247.jpg

登りは物足りないけど、珍しく贅沢な一日だった
[PR]

by field-of-spring | 2015-12-31 14:03 | Thailand | Comments(0)

タイクラ day2

夜の遅くまで音楽が聞こえたり、猿の鳴き声とか聞こえたけど爆睡




昨日の自分の出来の悪さを反省して、朝5時半行動開始して、6時の電気が消えたころに出発。宿の周辺は森の中なので真っ暗だったけど、朝6時からオープンしているミニマート(店員はレジで座ったまま寝てたけど)で買い物とかして、海に着いた頃には結構明るくなっていた

e0259060_09351299.jpg


今回のツアー目標は7c+(13a)以上を一本落としたいと思っているので、昨日行けなかったエリアを観察。一番乗りだし、順番待ちもなく課題を選びたい放題。何よりも涼しいし、朝イチで来て正解だ




ユーリンもやりたい課題が見つかったので、今日はトンサイウォールの奥側で登ることにする




日が照ったらどうにもならないという情報もあったので、僕から早速アップも無しで『Voodoo dall 7c+』をする



下部は傾斜が強いがガバなので何とかなるものの、迷っていたらすぐによれる。
e0259060_09352037.jpg


そして傾斜が弱まるポケットカチからガバへのランジする所が核心。二級くらいかな?他もムーブあるけど、傾斜抜けるとレストしやすい感じ。



とりあえずユーリンのビレイをしたりしてレスト
e0259060_09352547.jpg

ユーリンはこの上のライン『Lai Bab 7a+』をやることにし
e0259060_09353028.jpg


e0259060_09353558.jpg

ユーリンもムーブ解決。



さて、集中して『Voodoo Dall』の二便目


ちょっと悪いなーと思っていた核心手前の強傾斜もすんなりできて
e0259060_09354115.jpg

声だしてランジを止めて
e0259060_09354798.jpg

あとはレストとりつつしっかりRP

e0259060_09431856.jpg


予測していたなかで、今日が一番パフォーマンスを発揮できる日だと思っていたから、とりあえず成果出せて一安心


そしてユーリン
e0259060_09432916.jpg

e0259060_09433604.jpg

しっかり続いて二撃

e0259060_09434198.jpg


登って汗かいたんで
e0259060_11563832.jpg


軽く泳いでおいた



んで、朝食は軽くスナック菓子しか食べてなかったので、早めの昼食をとる
e0259060_11564651.jpg

とりあえずお腹ふくれたあとで、今度はDums kitchenで登ることにする
e0259060_11573684.jpg

潮が満ちるとこんなアプローチになる



ダムズキッチンはフェイスから軽くかぶった感じのエリア
e0259060_20563203.jpg


調子に乗って『Asias shadow play 8a+』をやることにした。



画像はないけど、クリンプからクリンプを繋ぐカチ課題。得意系なので、全てのムーブをなんとか解決できたが、二撃とかそういうレベルではない感じ。ツアーの全てをなげうったら出来るかも?



でもやりたい課題はたくさんあるし、さすがに13を何本も出したら手のひらから指先が軽く腫れぼったい感じ。まぁ保留にしとこう。



ユーリンは何となくやりたい課題が見つからないみたいで、泳いだり昼寝とかしたりしていつの間にか夕暮れ時



潮も引いていたので隣のライレイビーチまで海沿いを歩いていってみた

e0259060_12065903.jpg

犬も移動してた
e0259060_12071291.jpg

ライレイはゴミゴミした感じ。僕はちょっと苦手かも。


すぐにトンサイに移動
e0259060_12073101.jpg

ユーリンが飛び跳ねていて、予想通り転んで怪我してた。



ユーリンはもう膝から出血サービスでやる気ゼロ。僕はとりあえず『Asias shadow play』はまだまだ日当たり良好なので日の当たりにくい『Art & sport 8a』をやるが、リーチ系で途中敗退。




ヘッドライトでの回収劇が待っていたが大変だった


今日もグリーンレストラン
e0259060_12074663.jpg




[PR]

by field-of-spring | 2015-12-30 11:04 | Thailand | Comments(0)

タイクラ day1

関空夜中0時発のバンコク4時過ぎ着。時差二時間なので、六時間のフライト。LCCのエアアジア利用は初めてだけど、出発に10分くらいの遅れがあったくらいで問題なし。席自体も小柄な僕は全く困らず。座席指定はお金いるので指定せず。ユーリン、レイチェルとは別席といえど、僕だけ一つ後ろの席になったくらい



窓際だったので、トイレに行くのが少し遠慮がちになった程度。隣のOLっぽい眼鏡のねーちゃんとトイレに立つ瞬間が同時すぎて二人で笑ってしまった。



一つ失敗だったのは、南国気分で薄着だったので、少し寒かった。次回があれば気を付けよう



バンコクには四時過ぎに到着して乗り継ぎまで三時間あまり。両替などを軽くしておく。やはり関空でやるより断然安い。あっエアアジアはLCCなので国際線だけど機内食はないので朝食
e0259060_08155058.jpg

寝起きのユーリン。バーキンは美味かったけど、少し高め。しかも量が多すぎた



一時間半ほどのフライトでクラビへ
e0259060_08155581.jpg

これ、カッコイイから乗りたかったが、違った。



一時間半くらいでクラビ到着して荷物を待つ間に日本人っぽいおっさんに英語で話しかけられたから英語で返したら、普通に日本人だった。ただ単におちょくられただけの話。でも大阪の人間はこれだからおもろい



そして夫婦でクラビに毎年のようにクライミングしに来ている京都のN夫婦に会って(今後お世話になる)僕らはタクシーでアオナンまで。空港内でタクシーチケットを600バーツ(日本円に直すと×3くらい)で購入。N夫婦はシャトルバスを利用してたけど、一人150バーツみたい。早く行くにはタクシーって聞いていたので僕らはそっちをチョイス。

e0259060_08160242.jpg

岩があちこちに見えてきて、テンション上がりまくり



途中でタクシーの運ちゃんにホテルは決まっているのか?良いホテルありますよ的な話をされ、最後にはチップ欲しいと英語で書いた紙を見せてきたので一番安い紙幣の20バーツ払っといた。本来のチップ相場は1割くらいだっけ?でも喜んでた。



トンサイに渡る前にミネラルウォーターやジュース類を多目に購入してから(トンサイで買うと少し割高)ボートイン。八人集まらないと出発しない
e0259060_08160880.jpg



昼前に到着して早々に課題に取りつく


到着して一番近いし、荷物を持って移動するのも面倒だからと、Tonsai beach wallで登ることに
e0259060_08575827.jpg

とりあえずアップには全く適してない『Rieser Baby 7a+』をやる。12aくらい。



焦ってトライしたのは、時間的に昼過ぎると日当たり良好物件になると聞いていたからなのだが、隣のDums Kitchenとかと比べたら、こちらは昼過ぎても日は陰っていた



『Rieser Baby』だが、とりあえず最初はヌンがけトライで、二便目で楽々かと思いきや、体が異様に疲れる。汗が半端なくしたたり落ちる。日陰と言えど気温は高い。真冬から真夏に変わって間もない為だろう。思ったように体がついてこない。ユーリンも出だしが出来ない有り様。



しっかり水分摂ってから、近くで昼食を軽く食べて落ち着いてトライして
e0259060_08580322.jpg

コルネに座ってノーハンドかまして
e0259060_08580995.jpg

さすがにもう落ちれないので三撃。



そのあとはとりあえずチェックインしに移動。N夫妻はアオナン泊みたいだけど、僕らの宿泊地は知ってるからと案内してもらう。
e0259060_08581332.jpg

暑くてクタクタ。



軽く坂道を上がっていき、約15分かな?でMountain View Resortに到着。今回は色んな場所に転々とする予定なので、ここでは2泊の予定
e0259060_08581863.jpg

入り口が分かりにくかったが、この奥。


画像はチェックアウト前。
e0259060_08582360.jpg


e0259060_08583191.jpg


ベッドと扇風機と水シャワー、トイレがあるだけ。石鹸はもらえるけど、シャンプーなし。コンセントは一つのみなので扇風機使ってたらケータイの充電が出来ない。ちなみに18時~翌朝6時までしか電気は使えない。コンセントももちろん一緒。Wi-Fiはレセプションで教えてもらえる。タオル交換はお願いしたら交換してもらた。(入り口に置いてる人もいたので、置きっぱなしにしたら交換してもらえるのかも?)



ネット予約して一泊一部屋で3500円とハイシーズンでこの料金は格安。寝袋泊とか普通のクライマーなら困ることはないと思う。ただ、Tonsai beach wall方面からは離れてしまう。



そのかわり、The Nestとかは5分かからない近さ。このエリアは入り口が分かりにくいんだけど、N氏に教えてもらえたので助かった。



ネストは午後日陰のエリアみたい。取りつきは森なので猿はいるし、蚊もいる。虫よけを現地購入したけど、登った後で汗かくので小まめに使用した。それでも1日1~2ヶ所はやられてた。



ネストも結構クライマー多かった。とりあえず7a+が目標のユーリンの為に『Tortilla De Patata 7a+』をやることに。30メートルの長いルートだけど、こっちの方では標準ルート。



落ちないくらいのガバスラブなんだけど、一本目のクリップがランナウトしすぎ
e0259060_09261539.jpg

これくらい。



とりあえず核心部でテンションかかったけど、手順もの。間違えなければお買い得。核心部以外ではレストしまくれるから。



ということで僕は二便目にかける。ユーリンにはムーブ教えまくってのフラッシュトライ




核心部でいったり来たりしてたけど、見事突破
e0259060_09261903.jpg

ヘッドジャムでノーハンドレスト



そして見事にフラッシュ。素晴らしい




僕も二便目にRP。終了点からの景色
e0259060_09295555.jpg

気持ちいい


僕の成果はあれだけど、ユーリンは1日1本12代の目標達成。




夕食はN氏おすすめの
e0259060_09262475.jpg

グリーンレストラン

e0259060_09263090.jpg

調子に乗って頼みすぎた。けどやはり安いもんで、1品150バーツ前後。ユーリンはココナッツジュースを頼んで後悔してた。


[PR]

by field-of-spring | 2015-12-29 07:37 | Thailand | Comments(0)

先行き不安

部活の先生に新年の抱負を考えているか?と聞かれて、何を勘違いしたのか「明けましておめでとうございます」と言ったらみんなに笑われたユーリン。天然だとは思っていたけど、こいつは本物だ。



誰に似たのか全く。ほんと、恥ずかしいからもう少し世間知らずを直さなきゃね
e0259060_22593475.jpg

イルミネーションが綺麗な空港。南国に向けて薄着かつ麦わら帽子にサングラスというスタイル。クリスマスにこの格好は浮きすぎるけど、気に入ってるみたい。



とにかく空港内に入るまでが寒くてなかなかの苦行だった。暖かい格好でいけば向こうで邪魔にしかならないから必然と薄着。シャツ一枚に軽く羽織れるものだけ。向こうはビーチだから、寒いけど我慢して濡れてもいいようにクロックス。



その時に気づいた自分の足元の心地よさ



クロックスなんだけど、よく見ると
e0259060_22593798.jpg

冬使用のボア付きクロックスです。ユーリンの天然は親譲りかもしれません。




ほんとにお互いバッカだよねーと話ながら空港のトイレで歯磨きをして、うがいをしようとするユーリンに事件が

e0259060_22593903.jpg

液体石鹸が額を強襲したらしい。
笑いのセンスは親をとっくに追い越してるようだ。



せめてクライミングだけは笑われないよう頑張るつもりだ
[PR]

by field-of-spring | 2015-12-25 22:29 | Comments(0)

元祖奥の院 最難課題

宿直明けなんで出発は8時30分からと遅めだけど備中へ。仕事終わって車に乗ったとたんにシノノが「原付がパンクしました」と連絡あったけど事故なくて良かった。職場近くまで来てたので遅れもほとんどなく、一回生で初岩場リードのおこっぺを拾って奥道後越え。



おこっぺは乗り物酔いしやすいみたいで、奥道後越えの山道はしんどかったらしい。時間あれば海沿いルートからにしてあげた方が良かったかも



用瀬の駐車場に入ってすぐに、現地集合予定のつなごんさんから「長屋坂で続けます」と連絡あり。大人数で動いてたらそうなると予想してたんで、こっちはなんとか偶数の人数揃ったんで良かったなーと思いつつ元祖奥の院へ
e0259060_06563602.jpg

久しぶりにリードしにいくシノノ軍曹。



駐車場に停まっている車の数から混雑が予想されていたけど、意外にヤナ兄さん、メグさんペアのみ。知り合いオンリーだし、人少ないし、のびのびと出来るなー。



早速僕は『みちびき 10c』でアップ。何回やっても良いルートだ。そのあとシノノが流石に一撃しておこっぺのトライ
e0259060_06563893.jpg

唸ってる…初岩場のリードだし、流石に一撃は無理か?
e0259060_06564032.jpg

と思ったがねばって一撃!やるやん!




シノノとおこっぺは『ダンク 11a』に焦点を当ててトライ
e0259060_06564186.jpg


シノノはテンテン。リード久しぶりなんで勘が鈍ってるのか?でも二撃してた。




ユーリンは左サイドの『ブレイカー 10b』でアップ。まさにブレイカーといったところか?途中で拳大の落石がビレイする僕の体を転げるように当たって落ちたけど、当たりどころ良くて無傷。メットしてはいたけど、改めてメット必需品だな。



そのあと、ユーリンは『スネオヘアー 12b』
e0259060_06564350.jpg

テンテンで上まで抜けれず。パワーが足りないな。



ということで、ユーリンも『ダンク』をトライし
e0259060_06564638.jpg

登りながらこの余裕。さすがにこのグレードでは落ちずFL

e0259060_06564890.jpg

ビレイヤーをスポットするおこっぺ(やらせです)



最近の一回生はなべちゃんの影響もあるんでしょうね。アッセントレイでリードの練習を頑張っている分だけ成果があり
e0259060_06564972.jpg

おこっぺも『ダンク』を三撃。よく考えたら、三回生のシノノと同じような成果。すばらしい!リード頑張っている一回生の努力の賜物。


そして三回生負けるな!誰がイチ抜けで12クライマーになることやら…
e0259060_18373424.jpg

まだたどたどしいけど、おこっぺにヌンチャク回収も経験させておく。いつかは先輩になるんだから、セットして回収出来ないとね。



さて僕の方はというと、この岩場での最難課題である『風切羽 13a』をやることに。




見た目からして、スッキリしていて、ホールドが乏しくてハードそうなライン。



一便目で早々にテンションかかり、じっくりムーブやホールドを探る。



細かく脆いホールドもあるが、その中でも安定しているホールドをチョイスし、ムーブを組み立てる

e0259060_18540001.jpg

悪い悪いと思いつつ、ムーブは組み立てた




しかし、上部で出てくるムーブがヤバい。先にヌンチャク握って無理矢理クリップを先行した上でムーブを組み立てたが、下から繋げると絶妙にクリップが遠い。長ヌンでリーチ得なら、先にクリップしてから安心して突っ込めるだろうが、僕の場合は無理。



セルフとって休みつつ、「リーチが欲しい…」と呟いたら隣でシャンピニオンしているメグさんも「ワタシも欲しい…」聞こえてたんだ。恥ずかしい。




ムーブのイメージをしつつ、しっかりレストをとってからの二便目。
e0259060_19092063.jpg


第一関門は思ったよりすんなり突破できてレスト
e0259060_19092286.jpg


躊躇してはこなせない緊張感のあるムーブを起こし

e0259060_20422264.jpg


風を感じることができ、二撃で完登。



13aというグレードを登ったのは三本目。ワンデイも初めてだし、二撃というのはもちろん出来すぎかも?



第2登らしいし、初登者がグレードなど気にしているという情報があるので、自分の感じたままのコメントとして



細かいホールドは欠ける可能性はあるが、ムーブの強度、向きが悪く細かいホールド。しかしながら奇跡的につながるホールドの配置とリードではなかなかないインパクトのあるムーブ。リーチ得感はでるかもしれないけど、リーチある人はあの緊張感のある風を感じる事はないかも?ジャスト13aでしょうね!



まぁ僕は評論家でもルートセッターでもないけど、このルートを挑戦し、楽しめたらそれで結構だと思う。



とにかく僕は、この印象的なルートを登れて気分は最高だ。



そんなこんなで気持ちよくなって帰り身支度してたらヤナにいさんに「良いお年を~」と告げられて、備中での登り納めだった事に気付く。




お約束
e0259060_21534688.jpg

バイキング付きファミレスが好きな面子はテンション上がりまくりでした。




あと、シノノが帰りのコンビニで定員に「おこっぺがよいっぺでげろっぺ」と話しかけてて「スプリンさんに言ったつもりだった」という苦しい言い訳をしていた

[PR]

by field-of-spring | 2015-12-22 06:49 | 岡山 | Comments(2)

元祖奥の院とガレバ

泊まりがけで行きたかったけど諸事情で日帰りに変更し、なべちゃん、イノトン、ユーリンと僕で備中入り。天気は曇り。外気温は到着時7度くらいだったかな?
e0259060_08572890.jpg

e0259060_08573014.jpg

急勾配なアプローチこなしても膝良い感じだ。そろそろギアあげていかなきゃ。



まずはアップで『みちびき 10c』。前回みんなやってたの見たんでもちろんFL。10cでこの内容は贅沢。長めだし最高に良いアップルートだ。



でも岩は冷たいなーと思いながらビレイ交代、ユーリンもFL。



なべちゃん、イノトンがペアを組んで左サイドで登るみたい。
e0259060_08573103.jpg

『ブレイカー 10b』でアップしてたのかな?



んで僕は『シャンピニオン 12b/c』をやる。



もう見た目からしてカチ系。パキった指もだいぶ良い感じだけど念のためテーピングで固めてトライ
e0259060_08573415.jpg

あーもー岩冷たい。カチになるとホールド持ててるのか持ててないのか?痛いのか痛くないのか?パンプしてるのかしてないのか?
e0259060_08573623.jpg

モテてるかモテてないのかというと職場ではおふざけがすぎてしまうお調子者なので、職場の後輩に「もういい年齢なんだからいい加減に大人びた行動とれるようになった方がいいですよ」と言われたばかりです。名探偵コナンの対義語みたいな言われようなのでモテないよね。クライミングとは全く関係ないです。ほんとにすいません。



とりあえず雑念を振り払ってモゾモゾしながら指先の感覚はゼロだけど、バランスが不安定な遠めの一手を出してみる




意外!それはガバ!!




とまった!!!




と思ったコンマ数秒で落ちてた。やっぱりガバじゃなくカチでした。寒くて感覚ゼロだったせいで妄想のホールドを作り出していたようだ。世の中そんなに甘くないね。




オンサイトなんてバカヤロー。つーかそのあとも普通にテンションやわ。気合い入れてこんなに寒いのに上着脱いでシャツ一枚でやったのに…寒かっただけやわ
e0259060_21125368.jpg

そんで二撃。とにかく痛いんで何便も出さなくてすんで助かったと言うことにしておこう



イノトンとなべちゃんペア
e0259060_21125428.jpg

イノトンは憧れのオビさん初登の『めい 12b』に苦戦中。なべちゃんは
e0259060_21125600.jpg

恐縮ながら初登させてもらった『スネオヘアー 12b』をなべちゃんがトライ。二人とも一便目でなんとかムーブを見出だして解決したものの、二便だしても完登ならず。


ユーリンは『ノア 12a』をトライ
e0259060_21125960.jpg

チビッ子(僕もだが)は地ジャンスタート。プリクリしてフォールしまくるが、安定のビレイワークのお陰で突っ込みまくるユーリン


10回くらいアメリカンクラッカーを楽しんだらコツを掴んだみたいで出だし突破。核心部でテンションかかるものの、そこはホールド分かってしまえばすぐに解決。やるやん


んで食事タイム。温かいラーメンが美味い季節だ。イノトンは食べ物を車に忘れるという失態をかまして取りに戻る。



帰りは下りで早いとはいえ、往復45分はかかるアプローチ。普段の練習を見てもドMであることは間違いないが、二度もしんどいアプローチを楽しむというドMっぷりを発揮。



「今度は車の鍵を掛け忘れました~」とあえて理由を作ってもう一度アプローチを楽しむのかなー?Mだからやっちゃいそうだよなーって期待してたけど、流石にそれは無かった
e0259060_21130085.jpg

人の携帯の暗証番号をすぐに解読するハッカーユーリン。あんたその技術を世の中の為に使ってちょうだい。



そして少し後半戦。昼からは日当たり良好で良い感じ。僕は『ブレイカー』を軽くOSしておいて、撮影係




イノトン
e0259060_00131137.jpg


e0259060_00131368.jpg

『めい』を三撃



そしてなべちゃんは『スネオヘアー』


e0259060_20090142.jpg


e0259060_20090326.jpg

これまた三撃!



なべちゃんは「今まで触った課題で一番悪かった」そうです。第2登なのか?なんか嬉しいね


ユーリンも続いてくれと言うと
e0259060_20090549.jpg

めっちゃプレッシャー受けてた
e0259060_20090826.jpg

e0259060_20091078.jpg

こういうときに決める男ではないんだけど、珍しく遠いガバをとらえて『ノア』RP。それぞれ成果あって良い感じ



そのあと、一時間日の入りまで時間あるのでガレバエリアへ移動



12月5日に、やなにいさんが初登した『メデューサ 12b/c』の反対側に抜けるルートをやりたかったけど、イノトンは憧れのオビさん初登の『ちむにー 12a』をやるみたいなんで、派生ルートになるからそこは諦めてプロジェクトだけどルート名は決まってる『ラッスンゴレライ』をやる




これは推定12bとなっている。まぁ12bくらいならなんとかなるかなと気軽に取りついて後悔した



粉々でホコリっぽい上に、上部終了点付近はどうみてもデンジャラス。ランナウトとホールド壊れまくってる感じ。



しかも下部からのクリップホールドだと思って左手でアンダーガバを保持したままクリップしようとしたけど、何となく違和感を感じたのでヌンチャク掴んでクリップ



掃除して改めて同じ体勢でスタートした途端クリップホールドとしていた左手アンダーガバがぶっ飛んでいった。



普通にあのままクリップしてたら手繰り落ちの可能性も十分にあっただけに恐怖を感じた。それによって、その部分のムーブがかなり悪くなった。



しかもその後すぐに核心部に入るのだが、そこだけでも明らかに12前半のムーブにしては悪すぎる。部分的に、過去に13で触ってきたほどの悪いホールドが待っていた。どう登っても12bなら辛すぎると思う。



とりあえず掃除しまくって、泥粉に埋まったホールドを生み出してなんとかムーブ作って日没。



イノトンはその間に『ちむにー』をOS。すばらしいね



なべちゃんは流石によれてたのか?ちむにー敗退。しかも時間的に余裕がなかったので、選手交替。ヌンチャク回収もあるので戦略的敗退というやつですな
e0259060_20091228.jpg

e0259060_20091399.jpg

ヘッドライトでの回収は強い人の役割だもんね



帰りにヘッドライトの大切さをイノトンとなべちゃんに学んでもらいつつゆっくり下山



おまけ
e0259060_20091587.jpg

でかい少年はズボンがオシャレ

[PR]

by field-of-spring | 2015-12-08 08:32 | 岡山 | Comments(0)