ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ねぼさん 僕も妄想だけで..
by field-of-spring at 18:03
頭の中で妄想がとまりませ..
by ねぼ at 16:30
イソノさん こちらこそあ..
by field-of-spring at 14:53
先日はありがとうございま..
by いそ at 14:26
しのさん しばらくはリ..
by field-of-spring at 06:52
おかえりなさい! 僕た..
by しの at 22:17
しのさん 行けるとき声..
by field-of-spring at 16:55
3月入ったら落ち着くので..
by しの at 21:42
ねぼすけさん 以前の自..
by field-of-spring at 23:22
ジョニカン!流石です! ..
by tenkichi2611 at 16:44
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2ピッチの三段

夜勤明けでシノ、現部長のK、TKBと僕で奥吉野へ。



まずはシノとTKBが宿題になってる『Brand new lover 一級』をトライしに行く。僕はご飯食べたり観戦、スポット係。
e0259060_09121025.jpg

Kは奥吉野は初めて。
e0259060_09121230.jpg

TKBはなかなか手数が延びない
e0259060_09121426.jpg

シノは前回リップ付近までいってたので
e0259060_09121490.jpg

ほどなく完登。リップでモゾモゾしたのには少し焦った



僕も何か登りたくなったので、『Brand new lover』でアップしてから、隣にある『Take a break 三段』でもとムーブをばらしてみる。睡眠不足以外の体調は万全なので、この傾斜でも今は問題なくやれそう。ってかホールド細かいし得意系な感じでムーブもわりかし早いうちにバラした
e0259060_09121704.jpg

e0259060_09121933.jpg

いつのまにかワッキー観戦


先に西之川に行ってたワッキー、タケシ、ミステリアスN氏が合流。ちなみに今は『ツトム 初段』の下地が復活していたので登ってきたみたい



しかもワッキー
e0259060_13375380.jpg

タオってたし



ワッキーの足がビショビショだったころ?Kが『Brand…』を完登し、到着したばかりのN氏が
e0259060_12011414.jpg

2トライ目でリップへ



しかし、その後のフォールでマットの浮いている部分に着地して足捻って負傷。久しぶりの岩場だったらしいが、復帰を待ってます。



その後、タケシも『Take…』をやりはじめる
e0259060_12113527.jpg

僕は牙突の練習



そんな感じでふざけてると、タケシが核心を突破。
e0259060_12011845.jpg

e0259060_12012245.jpg

まさにこの課題の由来であろう。棚で休憩できる。
e0259060_12012789.jpg

ワッキーもリップからよじ登ってみたり。ジュース飲んだり…



しかし、この1ピッチで終わりのようで終わりではなかった。
e0259060_12113941.jpg

このあとの2ピッチ目が精神的に試される課題だった。タケシは立ったり座ったりしているうちに心が折れて諦めてしまった。



タケシは、とりあえず誰かが抜け方を見せてくれたら登るというので、僕がトライ再開

e0259060_12114343.jpg

何度かしているうちに1ピッチ目を終える
e0259060_12114627.jpg

チョークゲットしたり
e0259060_12115096.jpg

寝たり。途中でおなかすいたので、オヤツ食べてから再開
e0259060_12301660.jpg

どっから抜けたら良いのか迷ったので、何度かホールド探ってクライムダウンしたりしたけど、とりあえず自然に登りやすそうな感じのホールドをチョイスし
e0259060_12302026.jpg

完登。これはなかなか怖い課題だった。タケシが諦めた気持ちもわかる



次にタケシの番だと思ったが、完全にスイッチオフ。とりあえず『Dead line 四段』を見に行こうとタケシと移動

e0259060_12302477.jpg

怖い



けど、カッコいい。今回はマットも持ってきてなかったので、これは次なる目標にする。



その後は誰も成果なかったようで撤収。
e0259060_12302848.jpg

クライミングに怪我や故障はつきもの。僕も通ってきた道だけど、復活を待ってるよ。

[PR]

by field-of-spring | 2016-03-24 09:03 | 高知 | Comments(0)

春の奥吉野

一回生のみやじゅう、TKBとの3人で奥吉野行こうと話していたら、武蔵、夜勤明けのワッキーも行くみたいだったので、みんなで行くことに

e0259060_10420090.jpg

天気は良くまさにシーズンですが、花粉ムンムンな感じ。後がツラいんだよなー。



武蔵は『ディアマンテ 四段』狙い。僕もその付近は行ったことなかったので、エリア探索がてら、みんなが出来そうな『ラ・マン 二段』の岩で遊ぶ
e0259060_10420268.jpg

『ラ・マン』はSD。スタンディングというか、ほぼ地ジャンスタートの『Brand new lover 一級』をTKB、みやじゅう、シノノと僕でセッション。初対面だが、なかなかカッコいい。



ここで、何故かしっくりこない事に気づく。後々思い出したら河原でのボルダーが久しぶり過ぎる。半年前に美川とか行ってたけど、故障もあったし、本気で河原でボルダーするのは一年くらいしてないっぽい。



『Brand new lover』は下地悪いしホールドのツルツルっぷりに違和感を覚えつつ、少しずつ高度をあげて、ホールドにチョークがのってくると持てるようになってきた
e0259060_10521618.jpg

とりあえず僕が完登



シノノがリップ付近まで行くが
e0259060_11045504.jpg

リップ付近からマット外にフォール。足から落ちたし、スポットのお陰で怪我はなかったがヤバかった


TKBや
e0259060_11045887.jpg


みやじゅうは
e0259060_11045965.jpg

結構刺激が強かったみたいで、ビビって体が硬直していた。もちろんシノノ本人も精神的にもダメージあったみたい。まぁそりゃそうだよね。



みんなの嫌なイメージを払拭すべく、僕が気合い入れて『ラ・マン』をする
e0259060_11050336.jpg

e0259060_11122492.jpg

とりあえずバラしたらすぐだったけど、左のヒールがピンポイントに効きすぎて痛かった。



みんな僕に続けよって言うが、メンタル敗退してたみたいで移動



『ディアマンテ 四段』
e0259060_08572602.jpg

実は初対面。これはスゴいラインだと思った。



知らない間に通っていた武蔵がアップがてら部分バラシ練習
e0259060_08572851.jpg


めっちゃ良い感じ。


愛大生にとっては大先輩にあたる武蔵OBの奮闘を見守り応援する後輩たち
e0259060_08573020.jpg


みやじゅうに至っては
e0259060_08573245.jpg

後光が射している



武蔵が頑張るなか
e0259060_09110815.jpg


e0259060_08573667.jpg

僕は『松園 二段』の岩で頭をぶつけたり
e0259060_08573832.jpg

みやじゅうとじゃれ合う



そしてついに
e0259060_09111070.jpg

e0259060_09111279.jpg

e0259060_09111408.jpg

武蔵が『ディアマンテ』を完登。武蔵の気合いの入った登りは久しぶりにみた。つおい


後輩たちも刺激になったであろう。みやじゅうも驚きの表情であった
e0259060_09111665.jpg

こんな感じ



んで、今から急げば一時間程は『しおけんぴ 二段』がやれそうということで移動
e0259060_09111787.jpg


早速ワッキー良い感じ。が僕もワッキーも気づいたけど、やはりシューズのチョイスが大事だと三浦さんにチェンジすると


e0259060_09111946.jpg

e0259060_09112078.jpg

ワッキー完登


それに続き

e0259060_09112378.jpg

e0259060_09112421.jpg

僕も完登。かなり前に来たときは故障があったのと、状態も悪かったのもあったけど、同じ課題とは思えないくらい楽に感じた。やはり怪我しないようにしなきゃね。



そしてみやじゅうとTKBは隣のカンテラインの二級の課題セッション
e0259060_09161046.jpg

e0259060_09161257.jpg

みやじゅうは完登し、TKBは敗退。勝者のみやじゅうはきっと
e0259060_09161335.jpg

こんな顔をしていたに違いない



[PR]

by field-of-spring | 2016-03-19 10:31 | 高知 | Comments(0)

比叡ボルダー day2

なんかかなり眠れたけど、他の人より早く目覚めた。



この日は午後から天気が崩れそうなので早めに行動開始し、まずは鳥居エリアと道下エリアの下見
e0259060_02570149.jpg

e0259060_02570613.jpg

拓けたところで良い感じだ。九州来たらいつも思うが開拓者の熱意を感じられずにいられない。あと、杉が真上にないのが何となくイイ。周りの山にはいっぱいあるから、ほんとに何となくだけどね。


次に道下エリア
e0259060_03031081.jpg

e0259060_03031474.jpg

比叡はほんとに羨ましいくらい岩がある。道下というだけに結構下り坂を降りるのだが、帰りの登り返しが結構しんどかった。下半身にダメージを受けた。



んで、大谷エリアへ移動
e0259060_03031717.jpg

やっぱり壮大だ


アップで『思い出 四級』
e0259060_03200144.jpg

思い出の一枚


e0259060_02570963.jpg


結構の高さ



『酒越しの舞 一級』セッション。
e0259060_03200397.jpg

僕は登れてるからパスだけど、やはり名作のようだ。登れた各々はやはり満足してた
e0259060_03545615.jpg

イチ抜けはやはりタケシだったみたい


e0259060_03200600.jpg

昨日あまり成果のなかったウッツーも完登



僕は、このツアーの目標である『マツノキミギ 二段』をやる
e0259060_03545992.jpg

前回あまり打ち込めず宿題になった課題だけど、今回は本腰いれてやるが、なかなか5手目のポケットが保持できない



色々試すうちに感じをつかんで来たんだけど、みんなは移動したいムードが伝わってきたので、僕はこの課題に向き合うので、僕だけ残して移動していいよと伝える。



ハイボールなんで、マット3枚おいてくれるって言うてくれたけど、下地いいし、2枚あれば十分だと伝える。



みんな不安そうだったが
e0259060_03550295.jpg


このボルダーと言うにはでかすぎる岩を独り占めできる贅沢な時間をもらえて有り難いと思った



岩を眺めつつ食事を済ませ、休息をとったのちに、改めて『マツノキミギ』にトライ。1トライ1トライを大事にと思いつつ、一人になってからの3トライ目に、ついに5手目が保持できた
e0259060_03550525.jpg

少しテンパりかけたが、そのまま慎重に上に抜けようと気持ちを静めて、一呼吸してからフットスタンスをとらえ、手を進めようとした矢先に手がスッポ抜けし、猫パンチしながらフォール。落ちるつもりではなかった所でフォールしたので、マット外だったけど、下地良いからそこは問題なし。



しかし、決めきれなかったという情けない気持ちと、5手目のコツをつかんで嬉しい気持ちが混ざり合うなかで、これはいける!と思っていたら




雨。しかも少しずつ強まっている。




急に気持ちが焦り、猫パンチで割れた爪が疼くが、マシンガントライ。



何回目かに、再び5手目のポケット保持したものの、再度滑りフォール。更に雨足強まり強制終了。敗退だ。




移動した5人も、それなりに楽しめたみたいで良かった。



二週間前にも来たけど、岩場の後の温泉は最高だと思う。
e0259060_03550771.jpg

みどり牛乳のセット。くまちゃんはエンドレスでシャンプーしてたなー



そして
e0259060_03551003.jpg

豊後水道で育った美味い海の幸をいただく。みんな好評だった



そこでワッキーは
e0259060_03551244.jpg

あまりに美味しいのか?お店にバッグを忘れて、またここに来る理由をつくっていた



ダークサイドのワッキー
e0259060_03551420.jpg

これ、ウケ狙いじゃないだけにめっちゃ笑える。


e0259060_03551749.jpg


疲れて爆睡。楽しかったのは言うまでもない。また行きたい
[PR]

by field-of-spring | 2016-03-16 22:15 | 宮崎 | Comments(0)

比叡ボルダー day1

最近、岩に対してのモチベーションが上がっているタケシ。僕が比叡は行っておくべきだと言うとランピッドメインで登っている外岩派のメンバーが集った。



メンバーはタケシ、くまちゃん、ウッツー、ワッキー、シノノに僕の6人。朝5時に集合して松山出発。三崎には7時着。



7時30分発のフェリーは予約でいっぱい。予約キャンセル待ちだったけど何とか乗れた。



んで、フェリー乗ってビックリした、ってか笑えた。イッチ-おるし!岡山勢と同行してたみたい!しかも行き先は一緒だ。Takくんおるし、一年前の偶然と同じで更に笑えた!



フェリーから比叡までは高速通ったので約2時間。近くなって嬉しい



宿泊する菅原公民館に荷物おいてお昼前にタブの木エリアに到着。
e0259060_15021631.jpg

e0259060_15021817.jpg

e0259060_15022069.jpg


程よくアップしたところで、前回軽くお触りしてすぐやめた『ツノ 初段』をやる
e0259060_15110031.jpg

やっぱりカッコいい。が、初手が悪い
e0259060_15110349.jpg

悩むワッキー。できんできんと思ってたけど、初手のコツつかんでバラしてから、集中してトライしたらいけた。リップは見てなかったから焦ったけど、落ち着いて探したらホールドあって安心した。



イチ抜けしたんで観戦しながら昼飯
e0259060_15110565.jpg

イッチ-の『剥けび 一級』。ちょっとハマりそうだったけど気合いだよってアドバイスしたら完登してた
e0259060_15110837.jpg

おめでとさん!



『デルビヨ』トライするTakくんに見守るKeiくん
e0259060_15111010.jpg

やっぱり強いなー。良い感じだ。



ご飯食べ終わった頃にタケシの声が聞こえてきたと思ったら『ツノ』完登してたみたい



そのあと
e0259060_15111330.jpg

ワッキーもしっかり続いて完登



僕は大谷に行きたかったけど、みんなの雰囲気に任せてエリアに留まる


『晴れ乞い 一級』がカッコいいけど
e0259060_20365540.jpg


e0259060_20370391.jpg

上部のスタンスのスッポ抜けが怖い。ジャミング覚えてからやることにしようと戦略的敗退。



e0259060_15244442.jpg

『カンタンダカラ 初段』をやるくまちゃん。
e0259060_15301240.jpg

ウッツーもがんばる



ワッキーの『カンタンダカラ』は、すぐにコツをつかんで、初手、二手ととってから降りて「なるほどー、こうするのかー!」って一人で納得してたけど、みんなに「なんでそのまま上までいかないの?」って言われて「あっ」って後悔してた。しかもそのあと暫しハマってたし…



僕は登ってるのでパス。



暇潰しに何やるか迷ったけど隣の『カンダガワ 二段』をやることにした

e0259060_15244578.jpg

フットジャムで不思議と体が浮く



バラしてからは割りとすぐに登れた
e0259060_15244757.jpg

右手スッポ抜けて焦ったけど完登。ってか隣の『カンダハル 初段』の方が面白い上に悪いと思うのは僕だけかな?
e0259060_15244939.jpg

e0259060_15245079.jpg

タケシ、ワッキーも続いて完登




タケシの『デルビヨ』トライ
e0259060_15245278.jpg

めっちゃ良い感じでリップ叩くまでいってた。最後は高度が下がって敗退してたけど、またフレッシュな時に行けば絶対登れるだろなー


各々が楽しんで夕暮れに合わせて撤収。いつもの日之影温泉へ

e0259060_15301384.jpg

e0259060_15301470.jpg

やっぱり宮崎ではチキン南蛮でしょ?



そして夜は岡山、高知、愛媛勢が呑みながらクライミング談義。こういう場での酒は好き。



でも朝早かったしすぐに眠くなってシュラフにくるまって就寝。

[PR]

by field-of-spring | 2016-03-15 06:59 | 宮崎 | Comments(0)

花崗岩はシーズンオフ

九州の岩コンペが終わって二日後。三寒四温の寒い方の時にたまたま夜勤明け。



ねぼすけの希望だった奥吉野が雪でクローズなので今シーズンラストのつもりで『遊山』を触る

e0259060_22552234.jpg


体もボロボロだったのもあったけど、さらにボロ雑巾を絞ってきただけな感じ。なんかスリップ多いと思ったらだいぶシューズがやられてる。敗退です。



しかも落下したときにムチウチみたいになったと勝手に思ってたけど、どうやら車の移動中の仮眠でまた寝違えてしまっていたようだ




ねぼすけは因縁の『ジョニーズカンテ』
e0259060_22552608.jpg

過去にこの課題でマントルミスってマット外に落ちてほんとにヤバかったので重装備。




でもこの日2便目に危なげなくRP。僕とはまた違った登りで完登してた
e0259060_22552965.jpg

最近強いわ



この景色
e0259060_22553298.jpg

次のシーズンまでお預けだな。シューズをリソールしなきゃ多分もう無理。



そして、ここの主のドリルさまに色々と教えてもらったのが一番の収穫かな?『ビー玉』に『カフェ遊山』にとある岩場に………行きたい所がたくさんだ!



[PR]

by field-of-spring | 2016-03-05 22:32 | 外岩 | Comments(0)

上畑 Open Rock Fes

大分で開催された外岩お披露目コンペに参戦。



メンバーは
愛大の歌舞伎役者こと、カブキ

あだ名はみやじゅう。本名みやじゆう。

続、チク○ではないTKB

土佐藩から脱藩してきたイッチー

ランピッドのジャイアンこと、タケシ

最近ねぐせが気になりだしたユーリン

『大人の基礎英語』っていう番組をよく見ているって言うたらアダルティーな番組だと勘違いされた、私スプリンの七人の侍?で海を渡る



人数多いし修学旅行気分
e0259060_11143136.jpg


罰ゲーム中のみやじゅう
e0259060_11143378.jpg


次第に船上は戦場となる
e0259060_11143404.jpg

騒いですいません



前日夕方出発なんで、前夜祭には間に合わないだろうから、どこのホテルに泊まろうかとみんなで相談。チープに済ませたい愛大生の希望で、僕は生まれて初めてのカプセルホテルにて宿泊
e0259060_11143637.jpg

ネット上でダウンロードできるトポみて作戦立てる面々。無料配信は非常にありがたい。



翌朝
e0259060_11143818.jpg

懐かしい風景を軽く眺めてから岩場へ
e0259060_11144093.jpg

いちいち顔をつくるみやじゅう



受付済ませて岩場で開会式
e0259060_11244312.jpg

岩のスケールがやばい。メインの岩は普通に10メートルを軽く超えてると思う。これを初登した開拓者は本当にすごいと思う



開始後は久しぶりに後先考えずにガツガツ登る。楽しすぎて写真少ない。
e0259060_17494733.jpg

e0259060_17495077.jpg

e0259060_17495670.jpg

『五郎丸』を登り、五郎丸ポーズ




僕が印象に残った課題は
『かぼす 一級』
e0259060_22581335.jpg

カンテ沿いを登り、上部にいくほどホールドが甘くなる名課題だと思う

『モノモ―フィズム 初段』
カチ系で得意系かと思いきや敗退。2手目が止まりそうで止まらん。2手目止めたら終わりなんだが…タケシは完登してた。強いなー

『ターキー 二段』
e0259060_22581543.jpg

これも得意系と思いきや敗退。落ち着いてフレッシュな状態ならいけると思う。それだけに悔しい敗退。

『絶倫 初段』
出だしの足使いが一癖あり。核心は苦手なスローパー課題。苦手系なはずだが、何故か完登。


※自身の記念すべき初段以上100本目が『絶倫』となってしまった。嬉しいやら何とやら…。



『海 初/二段』をお約束の二日酔いシロピーに勧められたのでやりにいったら、海は順番待ちが多くてやる気減退してたのだが、ここでこの日一番印象に残った課題に出会うことになる。



『無口なマサオくん 一級』
e0259060_17495836.jpg

クラックとカンテを使って登っていくハイボール。ホールドは悪くなく一定のムーブが続く感じ。最初はクラックのみかと勝手な勘違いをしてオンサイトは失敗。



ラインをカタヤンさんに聞いてからの二便目。使ってなかった中間部のガバで大レスト。この時点でもそこそこの高さ。遠いリップはガバだと信じて軽くランジ。ドガバではないが持てるホールドでひと安心。が、その後のホールドを見落としていて、マントル体制に入りにくい。



リップから飛び降りるのもなかなかの高さ。最悪隣の木に飛び付いてやろうとか、色々考えながら、チョークアップしてホールドを探る。そこでクラック付近にあるフレークガバカチを発見。それを保持してマントル体制に入ろうとした瞬間にカチが吹っ飛ぶ



ハイボールゆえに滞空時間は長く、それが不幸中の幸いで体制を整えて足からマット上に無事着地。なかなかの衝撃。




粘っただけにパンプ。周りでマット動かしたりしてくれたスポッターに感謝したが、僕よりも周りが凍りつくような出来事だったようだ。



回復がなかなか見込めないくらいパンプしたが、このまま敗退したままでは悔しいので、腕の張りもあったが、次のトライで完登。さっきのトライでホールドが解っていたので、迷うことなくほぼ自動化して登ったが、この日一番嬉しい完登だった。



あとはもう段クラスは無理だったので面白そうな二級~三級でクールダウンしてフィニ。久しぶりに登り込んだー




結果は490点。もちろん決勝は残れずで、決勝進出はお強い九州勢のイツメン+モガさん。課題は二段のオンサイトトライ。そこで流石のモガさんが唯一オンサイトして優勝。
e0259060_18512975.jpg




その後の抽選会で、みやじゅうやTKBが商品ゲット
e0259060_18470439.jpg

なかなか高いよ!それ!



帰りはみんな爆睡のなか、イッチーと岩トークしながらのドライブし温泉へ。やっぱり岩の後のフロは最高だ
e0259060_18470676.jpg

武蔵の実家の懐をあたためるのもルーチン。




しかし、改めて九州の開拓の規模がすごい。資源が豊富なのは羨ましいところではあるが、苦労と熱意と…そして協賛の方々からも九州クライマーの横の繋がりの広さも改めて知り得た。



昨今いろんな問題が多い外岩事情の日本だが、様々な面からみても九州のスタイルは日本中がお手本にすべきだと思う。



[PR]

by field-of-spring | 2016-03-02 09:38 | 大分 | Comments(0)