ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

西之川~雲岩とツトム

めっちゃひさしぶりの西之川へ単身で乗り込む。





目当ては怒鎚。所長に場所聞いて一発で到着。

e0259060_14401949.jpg


山々には桜も咲き誇り心地よい気温。






しかし、怒鎚はホールド濡れ濡れ。染みだしというレベルではなく、閉まりきってない水道のレベルなんで今回はパス。






かわりに茜雲(初段)青雲(一級/初段)闇雲(一級)の3雲をトライ






ラインが分かりにくかったんで、オンサイトは我慢し、所長の動画でホールド、ムーブとライン確認。


e0259060_14473064.jpg


茜雲・青雲・闇雲という順にオール一撃かます。








個人的には3つの中では闇雲が一番辛く感じた。時間もおしてたんで間髪入れずにトライしたせいでもあるかも…









早々に移動をきめこみ、登りたいスノーアタック(初段)と香月(三段)のあるオロナマントルエリアに行くか、ツトム(初段)と柊(三段+)のある下流エリアに行くか迷ったが








一人だし、よりアプローチの楽な下流エリアへ決定。






e0259060_14562693.jpg



早速ツトム(初段)のスタートについて数ヶ月前に登ったねぼすけに確認。



e0259060_14595187.jpg



これをオンサイト出来たらカッコイイやろなと誰も見てる人おらんのに想像してトライ。






邪念が邪魔したのか?上部のガバに手を出した瞬間に手がスッぽぬけフォール。






オンサイト逃したショックが大きかったのか?二便目、三便目とトライするが、逆に高度が下がる。






こりゃいかんと気合いを入れ直し、レッドブル注入してレストとって再トライ






結局五本目に完登。




なかなか気持ち良い課題だったなー。ホールドは手汗残っていたけど…。






そして、お目当ての柊を改めて触る。




3年程前になるかな?これを以前触ってワケわからんかったけど、改めてワケわからん。






スタートが違うのか?





両手アンダーってどっから?岩の左下の方?それとも中央やや右側の部分?



分からん。





んで、敗退。三年前と同じく不可解なまま終了。








※基本的にこのブログを読んでくださっている方々に不快な気持ちを与えたくはないんですが、この場を借りて警鐘をならさせてください。





今回久しぶりに訪れた西之川ですが2つのエリアに赴き、モヤモヤした気持ちでいます。





一つはゴミ。それもクライマーが落としたような岩のすぐ近くに捨てられたもの。敢えて詳細を言いますがグルコサミンやアミノ酸、割り箸の袋やエナジードリンク(モンスター)の空き缶。





当たり前ですがゴミを残さないようにお願いします。全て拾って帰りました(今、拾ったゴミ袋の中を確認してるけど、空き缶がない……残置しっぱなしか?しまった。)






そして、もう一つはおびただしいティックマーク。雲岩もびっしりで、ツトムのラインにいたってはティックどころかフットスタンスを丸く囲っている丸マークが掃除もされずそのままになっていた。




目についた所は全て掃除しときました。





最近色んな岩場に出向いて、岩のかっこよさや澄んだ川の水。自然の美しさについては西之川はピカイチだと思います。





しかし、岩場でのマナーについては、ここ最近出向いた岩場では最低のレベルになっているように感じました。




もうすぐGWも近いです。他県からも多くのクライマーが訪れてくるでしょう。




地元の一員として、県外のクライマーから「愛媛は良い岩場だった」と言われたいのは至極当然の事だと思います。








もう一度、マナーを考えてクライミングを楽しんでいただきたいと心から思います。







若輩者が偉そうな事言ってすいません。
[PR]

by field-of-spring | 2013-03-30 20:36 | 愛媛
<< 西之川~HG渓谷 三登目の備中 >>