ROCK&スプリン


クライミング-ボルダリングの日々
by field-of-spring
カテゴリ
全体
高知
人工壁
開拓
愛媛
コンペ
徳島
大分
岐阜
香川
愛知
岡山
外岩
兵庫
宮崎
広島
Bishop
Hawaii
Yosemite
Fontainebleau
Thailand
京都
Spain
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
岩谷で12が50
at 2017-05-21 23:40
もすら退治
at 2017-05-06 15:39
暑い羽山
at 2017-05-01 21:07
雨宿り川エリア
at 2017-04-16 13:52
Stars hunting
at 2017-03-27 19:03
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

比叡・日之影ツアーday2

目覚めはまだ月が綺麗な真っ暗闇。


徐々に明けていく様子は正に春はあけぼの。


早起き組のねぼすけとワカちゃんと三人で日之影へ出向き


ワカちゃんの『明日吐露right』を早朝トライにお付き合い
e0259060_1531635.jpg

風が吹き通り寒かった


ワカちゃんは安定感が如実に出てきたが、リップ取りがやはり厳しかった様子


チェックアウトの時間もあるので、時間限定のトライでもあり、惜しいトライがずっと続いて敗退



そしてみんながチェックアウトして待ってたので一旦戻る


そして比叡へ


とりあえずはタブの木エリアの村田岩でアップ

e0259060_1510218.jpg

見ての通り、気づく人は気づくかもしれないが


高グレードはないものの、植林しているから、できるうちにやっておいた方が良いだろうね

e0259060_15121629.jpg

岩と青空と登るイノトン

e0259060_15135910.jpg

e0259060_1515614.jpg

e0259060_15154272.jpg


ズーミンもがんばりました


アップを終え、まずはユーリンの『アナコンダ 二級』のトライにお付き合い
e0259060_15161040.jpg

ねぼすけの「こういう時、結構1トライでいける時が多いから、集中して!」のアドバイスもあり
e0259060_15191759.jpg


見事一本指ぽけっとをデッドで捉え、指先に血を滲ませながら完登


僕は何するかと迷っていたけど、とりあえず昨日やってた『ツノ 初段』




は、やはり一手目が昨日ように出来そうだけど出来ないので萎えて


近くでワイワイとやってるギブアップ岩のセッションに混ざる


とりあえずユーリンのやってた二級のとなりの『剥けび 一級』を瞬殺


ユーリンも
e0259060_21122980.jpg

名前忘れたけど、二級の課題をしっかり落としてた


お昼ごはんを済ましてのんびりしたあと、そーいえばエリア全体像を把握したいと思い、散策をする


次々に現れる登りたくなるラインがたくさんあるなか



バッチも言うてた広場フェイスがピカイチだと思ったのでみんなを唆してやりにいく


明らかに挑発的なハイボール。だがフェイスというよりスラブといった傾斜
e0259060_20354143.jpg

一番良かったのは

向かって左側の『明鏡止水 二級』
e0259060_132532.jpg


無事一撃

e0259060_20344029.jpg

『明鏡止水』は名実ともに名作といった感じで高いところで落ち着いてムーブを起こさないと登れない…ってか危ないね


みんなも色々トライ
e0259060_2044133.jpg

岩の上からの一枚。日当たり良好な広場ですね


e0259060_20452010.jpg

大人勢はみんな
e0259060_21134985.jpg

『明鏡止水』を落として、イノトンはさすがに恐怖感が上回ったみたいで上手くクライムダウン。適切な判断だと思うよ


e0259060_21145950.jpg


ユーリンもここの三級はビビりながらトップアウト。


裏では
e0259060_21163296.jpg

登るズーミンにワカちゃんのスポット


良いトライを繰り返してた




時間も程々にして


今度は大谷エリアへ移動。



e0259060_21184850.jpg


やはり圧倒的な岩。


開拓者様々といった感じ


とりあえずねぼすけと一緒に『マツノキミギ 二段』をやる

e0259060_215218.jpg

ねぼすけは以前のコンペでの経験値を生かして中間部?下部?のガバポケットを捉えて、核心らしき所は終ってたのに


意味不明なフォール



僕は何度かやってみたけど、ポケットとれず


ってかなんかしら膝が妙な痛みが出たので止めとく



かわりに『マダニダニ 二段』は多分核心らしき手前までしかいけず敗退


時間もないので見切りは早くして


ちょっと移動して、前のコンペでど嵌まりしてた『のりっぷり 初段』


ほんの15分ではムーブを思い出して指皮にトドメをさしただけで終了。





二日目はほとんどエンクラで終わってしまったが


改めて比叡、日之影の資源の豊富さと、開拓者の苦労をひしひしと感じながら


地元の方々との関係性を保ったまま、このエリアが存続できるように


僕ら県外からのクライマーこそ、しっかりローカルルールを守っていくべきなんだなと感じた

e0259060_2232052.jpg

またいくよ!
[PR]

by field-of-spring | 2015-01-14 01:55 | 宮崎
<< 新生ランピッド 比叡・日之影ツアー day1 >>